2016年 12月 03日
小笠原の香りを自宅のお風呂で♪
b0067283_14432024.jpg先月、講演会で訪れた小笠原諸島。「最近、いいのが出たんですよ~!」と地元の方に勧められたのが、バスクリンの小笠原バージョン♪ 行った初日に買いました。

香は以下の4種類
★ムニンヒメツバキ
★シマギョクシンカ
★小笠原レモン
★小笠原パッションフルーツ

南国の強い香りに誘われて、自宅の湯船が小笠原の海へ・・・(笑)

期間限定、在庫限りだそうなので、お早めに!!
[PR]
# by micho7 | 2016-12-03 14:47 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 01日
JTB旅物語(九州版)⑦ 世界遺産の聖地、アブシンベル神殿
b0067283_15594442.jpg
JTB旅物語(福岡発着)の2016年冬号がでました。
好評をいただいている連載『美智代の世界遺産紀行』は、エジプトのアブシンベル神殿!
世界遺産条約ができるきっかけとなった、いわば、「世界遺産の聖地」なのです。
紀元前1250年頃にできた神殿で、古代エジプト人の建築技術の高さには驚愕です。
しかも、早朝に起こる光の神秘は見逃せません。ワクワクしながら読んでくださいね。
パンフレットの請求もできますので、ぜひご覧ください。
[PR]
# by micho7 | 2016-12-01 15:57 | 活動 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 23日
シンポジウム「シリア内戦と文化遺産」で司会
b0067283_1615938.jpg
紅葉真っ盛りの祝日の今日、東大寺の金鐘ホールでシンポジウムが開かれました。
テーマは、「シリア内戦と文化遺産」。今回は司会を務めました。
昨年、シルクロードのオアシス都市『パルミラの遺跡』の一部がISに破壊されました。
私は内戦前の2009年に訪れていたので、その後がとても気がかりでした。
シンポジウムでは、今年3月に政府軍が奪還し、いち早く遺跡に入ったポーランドの研究者が
跡形もなくなったベル神殿や、粉々になった博物館の彫刻などの写真を見せくれました。
その悲惨な様子に胸が詰まります。
しかし、一方で、今後の修復に使うためにデジタル画像を作ったり、現地の研究者を励ましたり
復興に向けた国際的な活動も始まっていました。ここからがユネスコの出番。
遠い中東の話と無関心にならず、思いを寄せて支援しなければならないと思いました。
[PR]
# by micho7 | 2016-11-23 16:14 | 活動 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 17日
祝・世界遺産登録5周年、小笠原諸島で講演しました!!
b0067283_21244356.jpg
小笠原諸島が世界自然遺産に登録されて、今年で5周年。
その記念フォーラムに呼んでいただき、父島と母島で講演しました。
ちょうど8月に訪れてばかりだったので、懐かしいというよりも、戻ってきた~!という感じ。
京都を出る時はフリースを着ていましたが、半袖で過ごせる気候は夢のよう~♪
b0067283_21224324.jpg
講演会では、国立公園発祥地のイエローストーン(アメリカ)が危機遺産だったことや
自然遺産で初めて登録抹消となったアラビアオリックス保護区(オマーン)を例にあげ
「守るのも壊すのも人しだい・・・」とお話しました。
登録されて5周年、小笠原諸島の本格的な自然保護は始まったばかり。
未来に残せるかどうかは、ここに住んでいる人たちの手にかかっています。
全力で応援したいという気持ちを込めて、2時間熱く語りました。
[PR]
# by micho7 | 2016-11-17 21:20 | 活動 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 31日
ふるさと納税本、第4弾は「ふぐ鍋」です!
b0067283_22405217.jpg「ふるさと納税ニッポン!冬号」が発売されました。第4弾となる今回も私の投稿が掲載されています。年末に向けてお勧めの返礼品、フグ刺&フグ鍋を紹介しています。今年のふるさと納税もラストスパート!最新情報をチェックして、お気に入りの自治体に納税で~す♪

b0067283_22424075.jpg






<ワンストップ特例制度の要注意>
ワンストップは、年末調整の人がふるさと納税した場合、5自治体までが確定申告不要になる制度。
しかし、昨年の年末調整に不備があり、つい先日、税務署へ修正申告に行きました。すると、ふるさと納税控除も解除され、申告が必要と知りました。ワンストップで安心していたのに再び確定申告へ。自治体の受領書が見当たらす、再発行してもらいました。ワンストップだからと言って安心せず、受領書は保管しておきましょう!!そして、税務署では「ふるさと納税ありますか?」なんて聞いてくれないので、自分で気づいて問い合わせるしかありません。ワンストップ制度の落とし穴にご注意を!!
[PR]
# by micho7 | 2016-10-31 22:43 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 12日
JTB旅物語(九州版)⑥ アンコールの朝日に思いを馳せて
b0067283_1643559.jpg
JTB旅物語(福岡発着)の中秋号が出ました。
巻頭の連載『美智代の世界遺産紀行』は、カンボジアのアンコール!!
遺跡の美しさはもちろん、現地の人と交流する秘策も書いています。
アンコール・ワットの朝日を思い浮かべながらお読みください♪
パンフレットの請求もできますので、ぜひご覧ください。
[PR]
# by micho7 | 2016-09-12 16:38 | 活動 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 02日
梅田のど真ん中で、プチベトナム体験してきました♪
b0067283_16585767.jpgb0067283_16573416.jpg
朝日サンツアーズのイベントで、「梅田のど真ん中でプチベトナム体験♪」に招待され、ベトナムのお話をさせていただきました。梅田駅から徒歩5分の「ビアホイ」というお店で、ベトナムスイーツのチェーを食べながら、ツアーの案内をするという企画。提灯が並んだ店内や、屋台風のバイキングなど、ベトナムの雰囲気満載です。ベトナムは3回行きましたが、チェーは初めて食べました。さまざまな具材がココナッツミルクと合って優しい味わい。次に、ベトナムに行った時は、食べてみよ~っと!!

b0067283_17284420.jpg
屋台風のレイアウトで、ベトナム気分が盛り上がります。では、チェーの作り方です♪

①白玉、タピオカ、寒天などから自分の好きな具材を選びます。この中には、レンコンやさといももあってスィーツになるのか不思議。試してみよ~っと。
b0067283_16011571.jpg













b0067283_16104137.jpg
b0067283_16130438.jpg
②マンゴーやコーンフレークなどからドッピングを選びます。

③ココナッツミルクと椰子の葉で色付けしたバイトーイミルクのどちらかをかけて完成♪

心配したレンコンやさといももミルクとよく合って、全く違和感なく食べられました。優しいお味で、チェーのファンになりました。

[PR]
# by micho7 | 2016-09-02 16:57 | 活動 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 01日
「始皇帝と大兵馬俑展」、2300年前の中国の神秘
b0067283_17315796.jpg
b0067283_17303665.jpg
「絵日記が書けな~い」というので、夏休みの終わりに、大阪の国立国際美術館の兵馬俑展に連れていきました。この日はキッズ・デーだったので、、「陳竹林(ちんちくりん)先生」が登場し、クイズや紙芝居にして兵馬俑が作られた2300年前の秦の歴史や兵馬俑の種類(歩兵俑、騎馬俑、将軍俑)などをレクチャーしてくれました。興味をもった後、実物とご対面。思ったよりも大きかったらしく、「これが6000体も埋まっているとは信じられない。それを確かめに中国に行きたい」と、絵日記に書いていました。兵馬俑は一緒に一度は見たい世界遺産。大きくなったら自分で行ってね~(笑)

b0067283_17331970.jpg



9/10は始皇帝の命日で、特別企画「親子で探ろう!兵馬俑のひみつ」が開催されます。お土産のチョコもよく出来ていましたよ♪ 中学生以下は無料、10/2までです。

[PR]
# by micho7 | 2016-09-01 17:52 | 大阪 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 31日
小笠原紀行⑨ ガジュマルのジャングルジム!!
b0067283_15155902.jpg
14:50 最後は巨大なガジュマルの木で遊びました。
枝が縦横無尽に伸びて、森のお化けという印象。
ガジュマルは外来種で、明治時代の移住で木陰や防風林として植えられました。
とても生命力が強いのですね。これでは、固有種もやられてしまう。
b0067283_15185751.jpg
小4の息子は、この木を見るなり、駆け出して登り始めました。
右は、ガイドさんの息子さん、中学1年生です。
ちょうど夏休みだし、子ども連れのツアーなので、お手伝いに来てくれました。
息子は、お兄ちゃんと一緒で大喜び。
一番、高いところまでスイスイ登って、得意げでした。
b0067283_15380438.jpg
娘は、下の方でターザンです♪
アッアア~!!
b0067283_15182428.jpg
今回、森・自然観察ツアーのガイドをしていただいたマルベリーの吉井さん。
大阪市生まれで、親近感がわきました。詳しくは、HPをご覧ください
私の世界遺産研究と息子の自由研究という2つの要望を叶えていただき、感謝いたします♪

[PR]
# by micho7 | 2016-08-31 12:42 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 30日
小笠原紀行⑧ 東平サンクチュアリ、固有種を守れ!!
b0067283_11463074.jpg
13:00 東平 アカガシラカラスバト サンクチュアリ、通称「あかぽっぽの森」に来ました。
アカガシラカラスバト(あかぽっぽ)は、ハトの仲間で、小笠原諸島に住む固有の鳥。
天敵がいなかったので、地上で巣作りや子育てをする習性があります。
しかし、人の移住で持ち込まれ、野生化したノネコが食べてしまう被害がおきたりして
小笠原諸島に数十羽しかいない国の天然記念物で絶滅危惧種なのです。
その繁殖地を守ろう!というのが、このサンクチュアリでした。
また、絶滅のおそれがある固有の植物をノヤギから守ります。
b0067283_15564470.jpg
保護エリアを柵で覆うだけでなく、中に入る人も協力しなければなりません。
コロコロで服についた種をとり、青いマットとブラシで靴についた泥を落とします。
b0067283_15571487.jpg
最後に、靴底にお酢スプレーをかけます。
固有のカタツムリを食べてしまう外来種プラナリアの侵入を防ぐためで
もう、父島ではカタツムリがほとんど見られなくなっているそうです。
b0067283_15570390.jpg
誰が来たか分かるように、色分けされた石を投じてから、中に進みます。
私たちはツーリストなので、白い石です。
これら、種を取り除く装置と調査の石は、小港海岸傘山 にもありました。
b0067283_15585939.jpg
アカガシラカラスバトをいつどこで見たか!という情報が書いてありました。
一番最近は、8日前の7/24、鳴き声だけで姿は見えず・・・
保護区だからと言って、毎日いる訳ではないのですね。
b0067283_16004862.jpg
アカガシラカラスバトの足跡がないか、ここでチェック!
目を凝らして見ましたが、今日はなさそう。
見たいけど、いないかも・・・
b0067283_15595866.jpg
出ました、固有種のマルハチの木!
シダの仲間で、見上げるとパラソルを広げたように葉っぱがついていました。
b0067283_16002307.jpg
実は、この木の名前の由来は、幹にあります。
丸の中に逆さまの「八」の字模様があることから、名づけられました。
b0067283_16013062.jpg
こちらも、小笠原ではポピュラーな固有種、タコノキです。
タコの足のように気根が伸びていますね。
この2つの植物は、特徴的で数も多いので、子どもたちがすぐに覚えました。
b0067283_16015306.jpg
さらに歩くと、父島だけの固有種ムニンノボタンが咲いていました。
こんもり茂った木に可憐に咲く4弁の花。
母島にあるハハジマノボタンは5弁だそうなので、比べてみよ~っと!
環境省のHPによると、自生の原木はすべて枯れ、種から育てて植えられたものです。
b0067283_16031357.jpg
わずかに水が溜まった場所に、オガサワラアメンボを発見!!
これも固有種で天然記念物です。
b0067283_16050833.jpg
さて、このサンクチュアリー自体は、ガイドさん同行でないと入れないのですが
さらに、この先は、特別な許可証を持ったガイドさんが同行しないと入れないエリア。
アカガシラカラスバトの繁殖地(立ち入り禁止エリア)に近づくルートで
11~3月は繁殖期のため、通行できません。
b0067283_16113356.jpg
さあ、アカガシラカラスバトの鳴き声に耳を澄ませながら進みましょう。
「ウ~、ウ~」という低い鳴き声なんだそうです。
子どもたちの日よけになっているのは、オガサワラビロウでしょうか。
小笠原諸島に広く分布する固有種で、昔、屋根を葺くのに使われました。
b0067283_16092237.jpg
この辺りまで来ると、高い木と湿り気の多い亜熱帯の森らしくなってきました。
わずかに入る日差しによって、背丈ほどのシダ植物もあちこちで見られました。
それにしても、蒸し暑い! 汗がじと~っとにじみます。
b0067283_16082975.jpg
ラン科の植物でアサヒエビネを見つけました。
まだ蕾で、花が咲くのは半月ほど先みたい。
固有種で、淡い黄色い花を咲かせます。
b0067283_16053472.jpg
森探検が終わり、出口付近に行くと、関東森林管理局のお姉さんが
アカガシラカラスバトのしおりをくれました。
種子除去装置の補充や、人の調査のためです。
残念ながら、あかぽっぽには会えなかったので、思い出になります。
この時はそう思ったのですが、最終日に奇跡の出会いが待っていたのです!!
b0067283_18362368.jpg
道沿いには、アカガシラカラスバト注意の看板。
絶滅危惧種で、めったに柵の外で会うことはないと思いますが、保護意識は高まります。
小笠原固有の自然の多様さと同時に、守る大変さも分かりました。

[PR]
# by micho7 | 2016-08-30 17:14 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 30日
ふるさと納税⑬ 夏は、「古都華のジェラート」で♪
b0067283_1173190.jpg3月に奈良県平群町(へぐりちょう)のふるさと納税でいただいた高級イチゴの「古都華(ことか)」♪ あの美味しさが忘れられず、今度はジェラートをお願いしました。1万円の納税で、地元のパスタ専門店『mamma』の特製ジェラート詰め合わせです。いちご、塩、大和ほうじ茶、バニラの4種類が3個ずつ、全部で12個入っています。子どもに人気は、もちろん、古都華。

b0067283_11102073.jpg気品ある甘さが冷たく味わえ、夏には最高~!私は大和ほうじ茶がちょっとビターで気に入りました。
[PR]
# by micho7 | 2016-08-30 11:06 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 29日
小笠原紀行⑦ 傘山から見た父島、絶景かな!!
b0067283_11175752.jpg
次は、車で移動して、父島が一望できる傘山に登りました。
二つの半島に囲まれた二見湾は、まさに天然の漁港。
右の海岸部におがさわら丸が発着する二見港があり、大村地区の町並みが広がっています。
b0067283_11262683.jpg
道路から山頂までは、10分少々で着きますが
ゴツゴツした岩を登ったり、背丈ほどの草をかき分けて進むところもあり
ちょっとした探検気分が味わえます。
b0067283_11233695.jpg
可愛いイラスト付の道標にほっこり気分♪
b0067283_11234154.jpg
でも、現実は、なかなか厳しい~
b0067283_11235384.jpg
それだけに、視界が開けた時の開放感と景色の美しさは格別でした。
ここに出た途端に風に強く、帽子を押さえて進みました。
目指すは、あの通信塔!!
b0067283_15504948.jpg
そして、緑の中にJAXA宇宙開発事業団の小笠原追跡所がありました。
種子島宇宙センターから打ち上げられたロケットの飛行確認などをする施設です。
b0067283_11255282.jpg
「世界遺産エリアはこちらです。」と、ガイドさんが二見湾と反対方向を示しました。
振り返ると、こんもり茂る低い木々で覆われた緑の斜面が広がっていました。
これが、「乾性低木林」。
父島の気候はドライで温暖なので、それに適応した固有種の森が特徴なのです。
よく見ると、色や種類の違う木々が共生していて、パッチワークの山肌。
b0067283_15503699.jpg
しかし、この中には外来種も混じっています。
特に、アカギは薪や炭にするため持ち込まれた植物で
成長が早く、固有種を日陰にして枯らしてしまうそうです。
そこで、薬を使って枯らす対策がとられていました。
見た目は手つかずの自然ですが、固有の森に戻すための努力がなされているのです。

山を下りてお弁当を食べ、午後からも森・自然観察ツアーは続きます。

[PR]
# by micho7 | 2016-08-29 13:26 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 28日
小笠原紀行⑥ 自然観察ツアーに出発(小港海岸編)
b0067283_16562846.jpg
2016年8月1日快晴 2日目
今日は、森・自然観察一日ツアーを申込みました。
はじめに案内されたのは、昨夜、ナイトツアーでやってきた小港海岸。
目の前が開け、真っ青な海と空、白砂が光ってまぶし~い!!
昨日は真っ暗で分かりませんでしたが、こんなにきれいなビーチだったのね。
b0067283_16570601.jpg
砂浜を歩いて岩場に近づくと、カメの甲羅のような大きな模様があります。
これは、枕状溶岩と言って、海底火山が噴火し、枕のように積み重なってできたもの。
安山岩でできているそうで、触るとボロボロと落ちてきました。
さすがは火山で出来た島。成り立ちが分かります。
b0067283_16575173.jpg
砂浜に目をやると、昨夜、アオウミガメが産卵のため、上陸した跡が残っていました。
それをたどってみると・・・
b0067283_16581720.jpg
ここに穴を掘ったようですが、何らかの理由で産卵に適さず、途中でやめたようです。
ちなみに、産卵すると、砂がかけられているので、こんもりしていて
保護のために、海洋センターの人が3本の棒を立てているので分かります。
b0067283_17012058.jpg
砂の上には、グンバイヒルガオが咲いていました。
蝶のような葉っぱが、相撲の行司さんが持っている軍配に似ているので
そう名付けられました。
b0067283_17124197.jpg
日陰の湿った場所で、ムラサキオカヤドカリが再び登場してくれました。
ホントだ~、体が紫だ~!!と再確認。
それにしても、昨夜は砂浜にゴロゴロいたのに、昼は見当たりません。夜行性だもんね。
b0067283_17453102.jpg
海岸植物の森も案内してもらいました。
ここで注目は3種類の木!
①テリハボク・・・幹が真っ黒い木で、島名は、タマナ。
②ハスノハギリ・・・幹が白っぽく、葉っぱがつるつるしていました。
どちらも、天を覆うほどの大木ですね。
b0067283_17460604.jpg
③モモタマナ・・・これも巨木で、葉っぱが大きく、紅葉します。
b0067283_17184493.jpg
テリハハマボウ(固有種)が可憐な花を咲かせていました。
夕暮れになると、赤色に変わり、一日で散ります。
b0067283_17444737.jpg
森を抜けて海岸まで少し歩いただけで、いろんな発見があるんですね。
続いて、父島の景色を見に傘山に登りま~す。

[PR]
# by micho7 | 2016-08-28 16:04 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 26日
小笠原紀行⑤ これが光るキノコ、グリーンペペだ~!!
b0067283_11460016.jpg
小笠原には、夜行性の生きものが多く、夜のツアーは必見です。
見所のひとつは、光るキノコ、グリーンペペ。正式には、ヤコウタケと言います。
えぇぇ~、こんなの初めてみました。
ずっと見ていたくなるほど、神秘的な色~♪
b0067283_11455464.jpg
明かりをつけると、直径1~1.5㎝の白い小さなキノコでした。
本来、野生のものを見るはずでしたが、湿度が高い日しか現れず、今日は見つかりません。
そこで、ガイドの内藤さんが栽培しているのを見せてくれました。
固有種ではなく、通販で取り寄せ、自分で栽培できるらしい。→ガルガルガール
来年の息子の自由研究のテーマに勧めようかな?(笑)
b0067283_11491546.jpg
夜行性の動物と言えば、オガサワラオオコウモリ(天然記念物・固有種)です!
写真の中央にいる黒い物体がそうで、羽を広げると、70㎝にもなるらしい。
血を吸うイメージですが、主食は果物。
これは、民家にあるパンノキで、大きな実を食べていました。
暗いのでハッキリとは見えませんが、枝がわさわさ揺れていました。
b0067283_11494658.jpg
東京都最南端のバス停がある小港海岸にやってきました。
ここで発見したのは、ムラサキオカヤドカリ(天然記念物)です。
b0067283_11470705.jpg
ガイドさんが懐中電灯を照らした瞬間、ゴソゴソ・・・と歩き出す。
おお~、体がムラサキ色をしている!!
b0067283_11473994.jpg
ここからは、電気を消してくださいと案内があり、真っ暗な中、海岸へ出ました。
波の音を聞きながら、夜空を見上げると、満天の星空~!!
そして、ガイドさんが波打ち際をほのかに照らすと、いるわいるわ、
ムラサキオカヤドカリがあちこちに転がっていました。
ひえ~、踏まないようにすり足で歩いてください!って、こういうことね。
これも夜行性で、昼間にこの海岸に来た時は、いませんでした。
b0067283_11480598.jpg
帰り道で見つけたアフリカマイマイ。もちろん、外来種です。
殻だけでも10㎝はありそうな巨大カタツムリです。
でも、触らないで!!寄生虫がいるので危険です。
子どもたちは、これまで見たことのない生物たちに興味津々でたくさん質問していました。
b0067283_11462163.jpg
帰りにトビウオ桟橋に寄ってくれました。
小舟が停泊する小さな桟橋。
でも、岸に隣接するところからサンゴびっしり!!
すっご~い♪と言った途端、大きなウミガメが泳いできて、サメ、エイと通り過ぎました。
不意をつかれたので、最後のエイしか撮影できなかった(涙)
それほど、自然が身近な場所なんですねぇ。
初日から海に山に珍しいものをたくさん見ることができ、明日のツアーも楽しみになりました♪

emoticon-0155-flower.gif<美智代のワンポイント>
ナイトツアーは、ブルーレースの内藤さん(愛称:のぶさん)に案内してもらいました。
唯一、父島でグリーンペペを栽培しているそうで、見られる確率がかなり高い!!
奥様が手作りされたと言う、オガサワラオオコウモリのレプリカも愛情たっぷりでgoodでした。
船一日ツアーもここで申し込んだので、また会うことになります♪



[PR]
# by micho7 | 2016-08-26 11:47 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 25日
<食事②> カメ刺、キッズに大人気!!
b0067283_13541792.jpg
17:45 晩ごはんの時間です。泳いだ後は、お腹がぺこぺこ!!
これが食べたかったのです!!カメ刺~♪
鮮やかな赤色に驚きましたが、冷たくて、歯ごたえがあって、のど越しもいい!!
何と、これに反応したのは、刺身好きの5歳の娘。
最初は味見だったのですが、口に入れた途端、「超おいしい~♪」とご満悦。
それにつられて9歳のお兄ちゃんまで食べる食べる。
私の分、残しておいて~(涙)
b0067283_13540348.jpg
これが食べられるのは、ろばた焼の茶里亭。
地元の食材を使った料理が他にもあります。
b0067283_13535928.jpg
子連れなので、お座敷に通してもらました。
左端に書かれているのが、地元素材の料理です。
b0067283_13535062.jpg
これは、海鮮島ラー油塩焼きそば。
島塩は有名ですが、島ラー油もあるの?
海鮮たっぷり、食べやすくて美味しかったです。
b0067283_13534099.jpg
ヘルシーに島塩キャベツ!
ちなみに、島野菜で美味しかったものは、島トマト。
やや大きめのミニトマトで、太陽の光をたっぷり浴びてジューシーでした。
長さ15㎝ほどもある島オクラも食べ応えがありました♪

19:00 お店を出ました。
でも、今日はこれで終わりません。
これから、ナイトツアーに行くぞ~!!

emoticon-0155-flower.gif<美智代のワンポイント> 「小笠原父島グルメMap!」を手に入れよう! 
小笠原村観光協会が出している小冊子(無料)で
大村地区にある26軒の飲食店が掲載されています。
島寿司、居酒屋、ラーメン、イタリアン、中華、カフェといろいろ選べますよ~


[PR]
# by micho7 | 2016-08-25 14:18 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 24日
小笠原紀行④ 前浜でシュノーケリング講習
b0067283_15055665.jpg
午後からは、あこがれの前浜でシュノーケリングをしました。
サンゴや貝殻が無数に打ち寄せられた真っ白な砂浜。
青緑からブルーへ色を変えていく透き通った海。
まず、その透明度の高さに驚きました!!
b0067283_15090765.jpg
一番心配だったのが、小4の息子でした。
幼い頃からプールが苦手で、今シーズンの記録は5m。
夏休みは、泳ぎの補習に行きましたが、記録は同じ。
あさってはイルカと泳ぐドルフィンスイムを予定しているのですが
シュノーケリングができないと体験できません。
そこで、小笠原に住む友人と息子さん(小3)にお願いして、教えてもらうことにしたのです。
嫌がるかな?と思いきや、ライフジャケットを着ければ浮くことが分かり
足をばたつかせ、自分でどんどん進み始めました!!
これが「小笠原マジック」?!
b0067283_15100219.jpg
この日のために買った水中カメラも試してみます。
陸から数メートルしか離れてないのに、サンゴと魚の数々!!
これは、ノコギリダイです。
b0067283_16311527.jpg
しましまなのは、ロクセンスズメダイ、黄色い魚はキイロハギかな?
b0067283_15122063.jpg
細なが~いのは、アオヤガラ。
b0067283_15123107.jpg
少し深いところに行くと、ミズクラゲもいますから、さされないように要注意!!
b0067283_15112029.jpg
浅瀬にいる黒い物体は何でしょう?
クロナマコ!!
ひえ~、踏まないようにしなくっちゃ!
水中撮影はまずまずですね。
b0067283_15152427.jpg
子どもたちは、カニにも興味をもったみたい。
ハシリイワガニモドキかな?
浅い所にいて、すばしっこいので捕まえるのに一苦労です。
b0067283_15155765.jpg
京都には海がありませんから、子どもたちにとっては珍しいものばかり。
b0067283_15172009.jpg
15:30 今日、私たちを乗せてきた船が、東京へ帰るお客さんを乗せて出航しました。
それにしても、おがさわら丸に並走する多数のボートは何?
実はこれ、小笠原名物のお見送りなのだそう。
私たちが帰る時もこんなに盛大にしてくれるのか、楽しみ♪
ただ、この後のシュノーケリングは船の大波を受けてスリル満点でした(苦笑)

emoticon-0155-flower.gif<美智代のワンポイント>  
シュノーケル、マスク、足ヒレの3点セットは、1000円~でレンタルできます。
浜辺を歩くマリンシューズを持っていきました。
日焼けしないために、速乾性のTシャツやレギンスを着用して入ると、いいかも~ 


[PR]
# by micho7 | 2016-08-24 16:44 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日
<食事①> サメバーガーを食べてみました!!
b0067283_07564245.jpg
ビーチに行く前に腹ごしらえ!!
お昼ご飯は、ハートロックカフェのサメバーガーと決めていました。
もちろん、サメは初体験です。
b0067283_07582943.jpg
うわ~、お昼はめちゃくちゃ混んでる~!!
この奥にもテーブルがあるのですが、そこもいっぱいでした。
できれば、日陰で食べたいですが、無理みたい~(涙)
船が着いた日の昼は、どこも混んでいるんですねぇ。
b0067283_07585178.jpg
やっと来ましたサメバーガー!!
b0067283_07592834.jpg
白身魚のような味かな。でも、もっちりした食感です。
フライにしているのに、あっさりして食べやすい!!
話題性はバッチリですね。
b0067283_07572443.jpg
娘がオブジェにくいついた~!!
店内にはおしゃれなTシャツやお土産物が数多く売られていましたよ~
さあ、お腹がいっぱいになったところで、シュノーケリングの練習だ~

emoticon-0155-flower.gif<美智代のワンポイント> 夏の宿の予約について
この時期の予約は、連泊の方が優先です。例えば、母島に2泊、父島に1泊しようと思っても、父島の1泊はほぼ断られますのでご注意ください。逆に、母島1泊の方が泊まれる可能性は高いです。


[PR]
# by micho7 | 2016-08-23 08:07 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 22日
<父島の宿>①パパスアイランドリゾート、便利で快適♪
b0067283_16060216.jpg
父島での宿は、パパスアイランドリゾート!!
港から徒歩5分で、近くにスーパーもレストランもある便利な立地。
目の前には、地元の人が前浜と呼ぶ大村海岸があるため
すぐに泳ぎにいくこともできます。
b0067283_16072209.jpg
家族4人で泊まるので、お部屋はロフト付で
ベッドが下に2台、上に2台と広々しています。
裏にはコインランドリーと物干しもあり、濡れたものをいつでも干せます。
b0067283_17303405.jpg
朝食は、洋食から和食まで、いつも違ったメニューで美味しかったです♪
毎朝、その日の夕食メニューが黒板に書かれているので
これを見て、朝食の時、注文するかどうかを決めます。
b0067283_17304741.jpg
ちなみに、この日のメニューは、こうなりました!!
b0067283_17293259.jpg
すっかり好物になった島寿司や四角豆、青パパイヤなど
島の食材を使ったお料理で、とても満足しました♪

[PR]
# by micho7 | 2016-08-22 17:31 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日
小笠原紀行③ 小笠原諸島に到着、海の色が違う~!!
b0067283_12281340.jpg
2016年7月31日(日)1日目 
小笠原諸島にやってきました。
まず、驚いたのは、海の色が全く違~う!!
紺と青の間というか、コバルトブルーというか、透明感があってつやつやです。
b0067283_16112837.jpg
この上を気持ち良さそうに飛ぶカツオドリ。
時々、魚を狙って海に飛び込みます!!
トビウオもあちこちで見られました。
b0067283_15595960.jpg
父島に近づくと、あるパフオーマンスが見られました。
ジェットスキーに乗った地元の人たちが白い波跡を描きながら近寄って
「お帰りなさ~い!」と手を振ります。
小笠原流のお出迎え♪
これだけで、すでにワクワクが止まりません。
b0067283_16030390.jpg
11:00 父島に到着。
プラカードをもった宿の人たちが大勢待っていてくれました。
世界遺産国内20件目、上陸!!

[PR]
# by micho7 | 2016-08-21 12:27 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 20日
小笠原紀行② 新おがさわら丸の乗り心地♪
b0067283_15433937.jpg
11:00 おがさわら丸出航
レインボーブリッジをくぐって海に出ていきます。
スカイツリーが右前方に見え、だんだん小さくなっていきました。
日差しは強いですが、海は穏やかで風は気持ちいい♪
b0067283_15455357.jpg
船室は、特1等室(デラックス)をとりました。
部屋に入ると、新築のにおい!!
小笠原の海を思わせる青と白の素敵な内装で
バス・トイレ、冷蔵庫、空気清浄器、湯沸しもついて、かなり快適。
この部屋は3人使用で、ソファがベットになります!
b0067283_11372980.jpg
乗ってすぐに、酔い止めを飲みました。
小笠原の友人に聞いたところ、アネロンが効くそうです。
子どもたちは、ドロップタイプのトラベロップがお気に入り♪
13:00頃から外洋に出ると、確かに揺れが大きくなりましたので、飲んで正解!!
b0067283_15474091.jpg
レストランもカラフルでおしゃれ♪
値段は高めなので、昼は内地で買ったものを食べ
夕食と翌朝の朝食で利用しました。
b0067283_15480252.jpg
小笠原らしいメニューを注文!!
①島塩ラーメン(780円) ※しょうゆラーメンもあります。
②ざるそば(650円) ※最もお安いメニューです。
b0067283_11240401.jpg
③島塩ステーキ 1480円 ※最も高いメニューです。
島塩だけでなく、島の野菜や魚などを使ったご当地メニューがあればいいのに・・・
b0067283_11272801.jpg
7デッキにある展望ラウンジ。
持ち込んだものや売店で買ったものが食べられます。
ちなみに、チュウハイ「氷結」が160円、からあげ&ポテトのセットを買っての~んびり♪
※売店の値段はやや高め!!でも、島ではこの物価は当たり前です。
夜、デッキに出ると、天の川が見え、星座を探してぐるり見上げました。
b0067283_11253738.jpg
翌朝5:00  水平線に朝日が昇ってきました。
今日、出たばかりの太陽の前を静かに貨物船が横切っていきました。
さあ、あと6時間で到着です。

emoticon-0155-flower.gif<美智代のワンポイント> 特1等(デラックス)にした理由
おがさわら丸の料金は、小学生は大人の半額、6歳未満は大人1人につき1人無料(添い寝)です。特1等だけが3人で泊まれ、3人目は1万5000円引きになります。いろいろな組み合わせを考えましたが、大人2名+小学生1名+幼児1名で泊まるにはお得と考えました。


[PR]
# by micho7 | 2016-08-20 08:41 | 小笠原諸島 | Trackback | Comments(0)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は397カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(92)
(87)
(69)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(29)
(29)
(28)
(27)
(26)
(23)
(23)
(21)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 12:24
プロ教師の前で講師する先..
by A-HIMEKKO at 18:13
★鍵コメさん、コメントい..
by micho7 at 12:51
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:25
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
お気に入りブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~ふらち...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
CooPlanning ...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
小笠原の香りを自宅のお風呂で♪
at 2016-12-03 14:47
JTB旅物語(九州版)⑦ 世..
at 2016-12-01 15:57
シンポジウム「シリア内戦と文..
at 2016-11-23 16:14
祝・世界遺産登録5周年、小笠..
at 2016-11-17 21:20
ふるさと納税本、第4弾は「ふ..
at 2016-10-31 22:43
ブログジャンル
画像一覧