「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:石見銀山(島根)( 12 )
2008年 02月 29日
石見銀山⑩ 清水谷製錬所跡、銀山の今・・・
b0067283_13463973.jpg産業とは、時代とともに移り変っていくものです。

ここは、清水谷製錬所跡。明治28年、銀鉱石を製錬するため巨額を投じて建設されました。説明板に当時の様子を撮った写真が掲載されていました。↓

しかし、時すでに遅し・・・
b0067283_13521528.jpg鉱石の質が悪かったことや設備が不十分だったため、わずか1年半で操業を停止しました。その後、銅の生産を試みますが、うまくいかず、昭和18年(1943年)に閉山しました。
そして、2007年世界遺産になりました。閉山後、時代にとり残されたことが幸いしたのでしょう。
産業遺産とは、時代の波に流されていた歴史や町を復活させるチャンスでもあるんですね。(おわり)
[PR]
by micho7 | 2008-02-29 16:53 | 石見銀山(島根) | Comments(0)
2008年 02月 27日
石見銀山⑨ 毛利元就もビックリ!丁銀ハガキ
b0067283_16382685.jpg石見銀山が栄えたのは、戦国時代から江戸時代初期の100年間。
銀を求めて、周防の大内氏、出雲の尼子氏、安芸の毛利氏が争っていました。この石見城跡に代表されるように、大名たちは険しい岩山に城を築き、砦にしました。
これらもまた、世界遺産です。
大森の町で、その時代を示す面白い物を見つけました。

b0067283_16155742.jpgb0067283_1832293.jpgその名も、「丁銀はがき」!!
3大名の最後に勝利を収めた毛利元就(もとなり)が、天皇に献上した丁銀をはがきにしたものでした。本物の2倍の大きさで、長さは30cm。1260円で、切手代は240円。大森郵便局から出すと、記念スタンプを押してもらえます。
本物は、古代出雲歴史博物館にあると聞き、帰りに寄ると、あらビックリ!本物そっくりではありませんか!!
部屋に飾ると、存在感あります(笑)
[PR]
by micho7 | 2008-02-27 10:27 | 石見銀山(島根) | Comments(4)
2008年 02月 26日
<寄り道> 献上そばを大胆にパクッ♪ (島根)
b0067283_14481528.jpg石見銀山に行くのに、出雲市に宿をとりました。
夕食は、名物の出雲そば! →お店HP
選んだお店は、大正天皇が山陰地方を旅行した時に食べたという「献上そば羽根屋」でした。赤ちゃん連れだと告げると、すぐに庭園が見えるお座敷に通してもらい、サービス満点。
山菜、うずら卵、山芋がのった三色割子そばを食べていると、息子が寄ってきて、私に合わせてパク~ッと口を開けます。よほど美味しそうに見えたのでしょう。もちろん、味はグ~でした♪
b0067283_14484449.jpg

[PR]
by micho7 | 2008-02-26 15:08 | 石見銀山(島根) | Comments(14)
2008年 02月 25日
石見銀山⑧ 羅漢寺、五百羅漢に込めた想い
b0067283_13355419.jpg
大森には多くの社寺がありますが、中でも印象に残ったのは羅漢寺でした。
丸い橋を渡ると、岩をくりぬかれたお堂の中に、501体の羅漢さんが安置されています。
恐い顔から大笑い顔まで一つとして同じものはなく、持ち物も動作も実にさまざま。
銀山で亡くなった坑夫を供養するため、寄付を集めて25年かけて建てられました。
無理な姿勢での重労働で、30歳を迎えられた坑夫は、そういなかったそうです。
そんな坑夫たちの御霊は、羅漢さんとなって、今も生きているような気がしました。
[PR]
by micho7 | 2008-02-25 13:39 | 石見銀山(島根) | Comments(0)
2008年 02月 23日
石見銀山⑦ 大森のシルバーラッシュ (島根)
b0067283_14525211.jpg
龍源寺間歩へと続く通り沿いには、鉱山町として栄えた大森地区があります。
徳川家康は、全国の鉱山を直轄地にして、金銀通貨の流通を進めました。
この大森にも代官所が置かれ、初代奉行は、間歩の名前にもなっている大久保長安でした。
b0067283_18392454.jpg←代官所跡は、現在、資料館になっています。
私がこの道を歩くのは2回目。世界遺産になる前は、観光客はちらほらでした。それがマイカーが規制され、バスが行き来し、雪の中を大勢の人が歩いています。これぞ、現代のシルバーラッシュ!!
以前の静けさを懐かしく思う反面、山間の小さな町の歴史が世界に知られることに喜びを感じました。
[PR]
by micho7 | 2008-02-23 18:27 | 石見銀山(島根) | Comments(2)
2008年 02月 22日
石見銀山⑥ 龍源寺間歩、銀色の道
b0067283_18475947.jpg
昨年12月に続き、再び、石見銀山を訪れました。しかし、あいにくの雪・・・。
通行止めのため、バスを途中下車して、龍源寺間歩まで歩くことになりました。
とにかく寒かったのですが、抱っこ紐で抱えた息子がカイロのよう。
・・・歩くこと20分。間歩の入り口には、間歩番号500番と書かれたプレートがありました。
石見銀山では、山頂から順に番号がついて、500番は麓の方にあるという意味です。
b0067283_1505645.jpg龍源寺間歩は、前回の大久保間歩とは対照的に、天井が低く、細長い坑道でした。きれいにライトアップされているため、江戸時代のノミの跡がハッキリと分かります。途中、鉱脈に沿って掘られた場所もあり、岩が銀色に輝いていました。「うわ~、きれい♪」、思わず声を上げました。銀色の道に魅せられた人々の気持ちが少し分かるような気がしました。
[PR]
by micho7 | 2008-02-22 19:25 | 石見銀山(島根) | Comments(2)
2007年 12月 31日
石見銀山⑤ 銀山街道、いつか歩きたい道
b0067283_20353828.jpg銀山から日本海を目指して銀を運んだ道。12月は、すっかり落ち葉に覆われていました。

今年は、2ヶ月半の息子を連れての四国八十八ヶ所巡りから始まりました。道の先には、明るさや希望があります。だから歩くんですね!
「KOTOコレ2007」をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。
8月には、初の子連れ世界遺産旅、9月に姫路に引越しと、慌しい年でした。
来年は、あっと驚く場所から元気にお送り致しますので、お楽しみに♪
[PR]
by micho7 | 2007-12-31 20:35 | 石見銀山(島根) | Comments(0)
2007年 12月 22日
石見銀山④ 温泉津温泉で見つけたカフェ (島根)
b0067283_15314834.jpg温泉津温泉を歩いていたら、とってもおしゃれなお店を見つけました。
”震湯カフェ内蔵丞”

ヨーロッパの家具が置いてあり、高級感があります。実はここ、大正時代に建てられた薬師湯の脱衣場だったのです。

b0067283_15291411.jpg天井の細工も階段も当時のままなのだそうです。
昔はかなり栄えていたのですねぇ。
さらに、ここで飲むコーヒーは、温泉マーク。
外国帰りのご主人が入れてくれました。
ひなびた温泉町にこんなに素敵な所があったとは!
これも世界遺産効果でしょうか? 
ちなみに、隣は現在も薬師湯が営業中。
b0067283_20261720.jpg

[PR]
by micho7 | 2007-12-22 15:28 | 石見銀山(島根) | Comments(2)
2007年 12月 21日
石見銀山③ 温泉津、ひなびた町の変身(島根)
b0067283_1522244.jpg
温泉津温泉と書いて、「ゆのつおんせん」。名前通りの温泉町。実はここも世界遺産です!
「石見銀山遺跡とその文化的景観」は、銀山銀山町、銀の積出港、それらを結ぶ銀山街道で形成されています。この入江の隣には、銀の積出港になった沖泊があるのです。
そして、この町並みは、世界遺産登録を機に重要伝統的建造物群保存地区になりました。
年に数軒ずつ助成金が出るらしく、あちこち改修中。私が泊まった老舗旅館の女将は、
「電線を地中化し、石畳になればいいのに・・・」と話していました。
世界遺産は、古いものを守るだけでなく、造り直す効果もあるのですね。
数年後は、全く違った町並みに生まれ変わり、賑わっているかもしれません。
[PR]
by micho7 | 2007-12-21 15:23 | 石見銀山(島根) | Comments(10)
2007年 12月 18日
石見銀山② 歴史を語る大久保間歩 (島根)
b0067283_20394380.jpg大田市の職員さんの案内で、中に入りました。真っ暗で、足元はぬかるんでいます。まるで探検隊のよう。

要所要所で、光を照らして、説明がありました。上の方には、江戸時代に彫られた細かい手彫りの跡(写真・上部)、下の方には、明治時代にダイナマイトを使って爆発させた跡(下部)、そして、足元にはトロッコの枕木が残っていました。

さらに、目の前にぶら下がる黒い貝のようなものは、冬眠中のコウモリ!最近まで手付かずだったことの証でした。

それにしても、巨大な間歩。この先は別の間歩につながり、網の目のように張り巡らされています。石見銀山の凄さに感動し、ムクムクと興味がわいてきました。
[PR]
by micho7 | 2007-12-18 10:54 | 石見銀山(島根) | Comments(6)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(94)
(89)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
お気に入りブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~ふらち...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
CooPlanning ...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
ACCUのコラムは、小笠原諸..
at 2017-02-17 14:35
ふるさと納税⑲ 八幡浜市のせ..
at 2017-02-09 13:18
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-06 11:14
平安神宮の節分は、「大儺(だ..
at 2017-02-03 21:48
石丸謙二郎さんと旅トークします!
at 2017-02-01 14:26
ブログジャンル
画像一覧