「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:日本(それ以外)( 55 )
2015年 03月 06日
品川神社の「品川富士」に登頂しました!
b0067283_14464892.jpg品川富士をご存じでしょうか? 東京での講演会が終わって、急いで向かった場所は京急・新馬場駅すぐの品川神社!ここに、富士山に行けない人のために1869年(明治2年)作られた富士塚があるのです。

b0067283_14495190.jpg








神社の鳥居をくぐって石段を登ると、真ん中あたり左側に登り口があります。登頂まで2~3分ですが、まずは手を合わせて無事を祈願して上がりました。
b0067283_14565147.jpg石段の左右には、数段ごとに高さを示す石碑があり、富士登山をしている気分♪ あっ、祠の中には、修験道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)とそれに従う前鬼、後鬼!!富士山が修験道の場だったことは知っていましたが、関東でも崇拝されていたんですね~

b0067283_1455213.jpg


b0067283_1254448.jpg「明治11年」と刻まれた石碑。「道行」の文字の上には、富士講の名前を示す丸の中に「七」と「加」が書かれたマークと上に富士山が彫られています。この富士塚は、北品川の丸嘉講(まるかこう)によって造られたもの。それっぽいな?意味を考えるのも面白い♪

b0067283_15162267.jpg


6合目からは山肌を上る急な坂になります。ますます登山みたい!

そして、頂上に到達です!!国旗掲揚の棒がポツンとあるだけの小さな広場でしたが、ちょっとした達成感。ギリギリ、日が沈む前に来られて良かったです。
b0067283_15201756.jpg
b0067283_15261290.jpg残念ながら、ビルと木々で富士山は見えませんでしたが、境内を見下ろすと、浅間神社がありました。富士山の噴火を鎮めるために全国に建てられた神社です。紅白の梅が咲き、早春の香りが漂います。サラリーマン風の男性が手を合わせながら各所を回る姿に、大都会でも信仰が受け継がれているだなぁ、とじ~んときました。次の出張でも富士塚に寄りたいなぁ♪

emoticon-0157-sun.gif<美智代のワンポイント>
富士山のミニチュア版「富士塚」は、富士講が盛んだった江戸時代から明治にかけて作られ、都内に70以上もあるそうです。


[PR]
by micho7 | 2015-03-06 14:44 | 日本(それ以外) | Comments(2)
2014年 07月 07日
<寄り道> 地獄谷温泉、サルは何を思う?
b0067283_10383373.jpg
b0067283_10512010.jpgゴールデンウィークに訪れた富士山&富岡製糸場の旅。一つ、書き忘れていた所がありました。長野県の北東部にある地獄谷温泉!日本で唯一、いや世界で唯一、サルが入る温泉です。小学2年の息子に話をすると、「え~、ホント~?!」と信じてくれないので、本物を見せなければ!とやってきました。息子は摩訶不思議な光景に唖然。3歳の娘は喜んで、「あっ、そ~れ♪」とサル音頭を踊り始めました。

しかし、温泉好きのサルも暑さには勝てないようで、なかなか入りません。
そこで、係りのおじさんが餌をまくと、一斉に湯船に飛び込み、モグモグ・・・すぐに上がります。
湯に入らず、懸命に手を伸ばすサルもいます。この暑さでは無理もありません。
昔、雪の積もった日に訪れた時は、あんなに気持ちよさそうな表情で入っていたのに・・・。
500円払ってお客さんが来ますから、頑張ってもらわねばならないのでしょう。
温泉を撮影するライブカメラも設置。昨今の事情をサルはどう思っているのだろう。
[PR]
by micho7 | 2014-07-07 10:50 | 日本(それ以外) | Comments(4)
2014年 06月 02日
武田氏館、「風林火山」に奮い立つ!!(山梨)
b0067283_17171346.jpg
b0067283_10433920.jpgここは甲斐(かい)の国。この守護大名であった戦国のヒーローと言えば、武田信玄!甲府駅前ある立派な銅像がその雄姿を物語っています。父・信虎から子・勝頼まで3代にわたり、63年間続いた武田氏館が現在、甲府市にある武田神社です。

b0067283_10422153.jpgお濠を渡ると、緑が生い茂る森と中心にある社殿。館だった頃を示す建物は見つかりませんでしたが、境内の宝物館や参道の幟に書かれたこの文字を見ると、「風林火山」を思い出し、この地にゆかりのない私でも奮い立ちます。国の史跡になっていて、1辺200mの正方形の区画や広い濠、土塁や石垣に当時の様子がはっきりと残っていました。そして何より、参拝客が多く、「歴女」などのブームもあり、武田ファンが大勢いることも見逃せません。日本100名城です。

emoticon-0157-sun.gif <美智代の豆知識> 風林火山とは?
孫子の兵法。「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」の通称で、武田信玄の軍旗に記されていた。「疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し」という意味。

※京都の週末の話題を少しはさんで、いよいよ富岡製糸場リポートです!
[PR]
by micho7 | 2014-06-02 17:16 | 日本(それ以外) | Comments(2)
2014年 06月 01日
甲府城、着々と進む城郭修復 (山梨)
b0067283_12591978.jpg
b0067283_1302098.jpg甲府に来たなら、ぜひ寄りたい所が2つありました。一つは、甲府城!日本100名城です。駅近くの市街地中心部にあります。濠を渡ると、3重に積まれた石垣と木々の緑が調和して、お散歩するには絶好の場所。でも、歴史ある城郭のはずですが、新しさを感じました。まずは、城の玄関口である鉄門(くろがねもん)。2012年冬に完成した2階建の櫓門でした。入念に調査し、全国各地から材料を調達して復元した様子がパネル展示されていました。
b0067283_16283381.jpg鬼門である北東に位置する稲荷櫓は、2004年に再建されました。小ぢんまりした櫓ですが、木材はまだまだ新しい。特に、注目したのは、昔の材料、昔の工法で壁を造りあげていく時の映像。左官職人が何層にも渡って壁を丁寧に塗っていくのです。小学2年の息子は無言でじっと映像を見た後、「この壁がそうなんやぁ」と、ポツリ言いました。
b0067283_15422161.jpg天守台の石垣は、自然石を使った野面積みで作られていました。一部改修されているということですが、加工していない石をこれほど精巧に積み上げるとは、当時の技術の高さが伺えます。東日本で最大級の高石垣なのだそうです。この上にあがると、360度眼下に広がる甲府市街が一望できました。この城は、今も街のシンボルなのですね。

b0067283_15435729.jpg(←)現在の地図です。江戸時代の敷地の1/3になっているそうです。苦難の末、一度は取り壊された文化財が、こうして蘇ることで、歴史を思い起こさせ、街を特徴づけ、そして、当時の苦労や思いを再認識することにつながるのです。スクラップアンドビルドがやっと見直されてきましたね♪

emoticon-0157-sun.gif <美智代の豆知識> 甲府城とは?
別名は舞鶴城。武田氏の滅亡後、豊臣秀吉の命で浅野長政・幸長親子によって1600年に築城されました。徳川家をけん制する目的でしたが、関ケ原の戦い後は徳川家が支配。5代将軍・綱吉の側用人である柳沢吉保が徳川家以外の初城主として入城し、発展しましたが、その子である吉里が大和郡山に転封になりました。あっ、奈良とつながった!!その後は、幕府の直轄地となり、明治以降は城内の建物がすべて壊されました。


[PR]
by micho7 | 2014-06-01 12:58 | 日本(それ以外) | Comments(0)
2014年 05月 30日
武田信玄の本拠地で食べる甲州ほうとう (山梨)
b0067283_16405391.jpg富士山の旅を終え、山梨県の県庁所在地、甲府市に宿をとりました。戦国時代を語る上で重要な武将、武田信玄の本拠地で、現在のNHK朝ドラ「花子とアン」の舞台でもあります。まずは、名物料理を食べねば!とやってきたのが、甲州ほうとうの名店「小作」。食べ応えのある超極太麺をたくさんの野菜と一緒に味噌仕立ての汁で煮込んだもの。
b0067283_16535070.jpgカボチャ、じゃが芋、里芋、白菜、ねぎ、ごぼう、にんじん、しいたけ・・・なんと、多くの野菜が入っていることか! しかも、大きくカットされ、主役は麺なのか具なのか分からないほど。煮込んでいるので、野菜のうまみが汁に溶け込み、それが麺や具にしみて、すっごく美味しい♪ 武田信玄が野戦食として使ったとも言われるそうで、確かに力が湧いてくる郷土料理でした。
[PR]
by micho7 | 2014-05-30 16:40 | 日本(それ以外) | Comments(2)
2013年 09月 15日
リニア・鉄道館③ 一番人気のお土産は?
b0067283_18225926.jpgお土産も充実しています。スタンプラリーでもらったクリアファイルに、下敷きと紙模型を購入。電車柄の丸い缶にはレモンキャンディー。そして、一番人気は真ん中のリニアの箱!!何が入っていると思います? 細長~いバームクーヘンなんです。これは面白い♪ 買わないつもりだったのに、つい購入です(笑)。

emoticon-0155-flower.gifただ一つ、お昼ご飯にご注意!!
レストランやカフェはありません。デリカステーションという売店があり、お弁当やサンドイッチの販売のみ。お弁当は早めに買っておくことをお勧めします。1階でも販売しています。私が訪れた日曜日はお客さんが多く、午後1時過ぎにすべてのお弁当が売り切れ、困っている人たちを多く見かけました。
[PR]
by micho7 | 2013-09-15 18:23 | 日本(それ以外) | Comments(0)
2013年 09月 14日
リニア・鉄道館② ジオラマの世界にLet's go !
定時になると、20分間、朝から晩まで新幹線の1日をジオラマで表現します。
中心には名古屋、右に東京、左に大阪、それぞれの都市や途中の名所がたくさんあります。
b0067283_724483.jpg
白川郷の合掌造り集落                 関ヶ原の合戦を撮影中、「アクション!」
b0067283_9904.jpgb0067283_7594858.jpg
薬師寺の東塔と西塔                  清水寺b0067283_9101039.jpgb0067283_9115528.jpg
大阪では阪神戦のナイターで大歓声        京都五山の送り火と花火が「パンパーン♪」b0067283_9134024.jpgb0067283_9221425.jpg
浦島太郎の竜宮城                   もも太郎のモモがどんぶらこ♪ b0067283_9165953.jpgb0067283_9204818.jpg
b0067283_9231588.jpg東京にはスカイツリーがあったり、気球が上がったり、昔話や童話に出てくる登場人物があちこちに隠れていたり・・・。小ネタが満載で、じ~っと目を凝らしてみたくなります。移動しながら間近で見られるので、子どもたちは大喜び♪ そして、最後は美しい満月と夜景。ここにリニアが加わるのはいつになるのでしょうか? 俄然、楽しみになりました。
 

emoticon-0157-sun.gif私が企画&同行する「世界遺産ハワイ島ツアー(11/4~10)」募集延長
ハワイ島に重点を置いたスケジュールに変更し、募集を延長しました!
お問い合わせは、朝日サンツアーズ(梅田) TEL:06-6345-1447(担当・渡辺)


[PR]
by micho7 | 2013-09-14 09:25 | 日本(それ以外) | Comments(0)
2013年 09月 13日
リニア・鉄道館へ出発シンコ~♪ (愛知)
b0067283_15394430.jpg
b0067283_1625616.jpg2020年東京オリンピック開催が決まった日、名古屋のリニア・鉄道館に行きました。蒸気機関車から歴代の新幹線まで本物が並び、子供たちは大喜び。2歳の娘は、「かっこいい~♪」を繰り返し言います。車内見学はもちろん、制服を着て運転席で写真が撮れたり、スタンプラリー、プラレール、巨大なジオラマなど、1日中楽しめます。
b0067283_1692068.jpg中でも人気は、在来線と新幹線のシミュレーター。それぞれ別料金なんですが、できるかどうかは時の運。入場券に番号が印刷してあり、決まった時間に抽選して、当選者だけにチャンスがあります。
b0067283_1661343.jpg(→)新幹線のシミュレーターは大画面に景色が映し出され、見ているだけでも迫力があります。当選者の人数が最も少なく、当たればかなりラッキーです。(←)うちの息子は在来線。テレビゲームのノリですが、決められた時間にホームに停車するのが結構難しい。
b0067283_1673845.jpg良かったのは、リニアのシミュレーション。始めは車輪でガタガタ小刻みに揺れていた車内が、浮いた瞬間、静かに…。
そのまま加速して時速500㎞!!窓の外の景色の移り変わりが飛ぶように早い。
実際に動く訳ではありませんが、十分に体感できました。
息子に、「リニアは浮いている!」と伝えると、(↑)模型ガラスに顔を押し付けて確認。
「ほんまや~!」とうれしそう。その後、電磁石のNとSのメカニズムを示した実験に夢中。
家に帰ってからも、「お母さん、リニアってどれだけ高くあがるのかな?」と、
紙で作った模型を高く持ち上げ、目を輝かせていました。子供の発見に親もにんまり♪
前回の1964年東京オリンピックでは新幹線が開通し、発展のシンボルになりました。
2020年はリニアかな? まだまだ早いと思うけど、なんか期待しちゃうな~!!

emoticon-0157-sun.gif私が企画&同行する「世界遺産ハワイ島ツアー(11/4~10)」募集延長
ハワイ島に重点を置いたスケジュールに変更し、募集を延長しました!
お問い合わせは、朝日サンツアーズ(梅田) TEL:06-6345-1447(担当・渡辺)


[PR]
by micho7 | 2013-09-13 16:35 | 日本(それ以外) | Comments(0)
2013年 09月 10日
杉原千畝記念館、「日本のシンドラー」を訪ねて
b0067283_16233950.jpg美濃加茂市の講演を聴きに来られた方から、戦時中、ユダヤ人の命を救った人の記念館があると聞き、八百津町に向かいました。その人の名は、杉原千畝(ちうね)氏。この町出身で、ドイツ軍がポーランドに侵攻した1939年に外交官としてリトアニアに赴任。ナチスドイツから逃れてきたユダヤ人にビザを発給し、6千人の命を救いました。

b0067283_16354417.jpg当時、ユダヤ人の逃げ道は、シベリア鉄道を通って、福井県の敦賀港に入り、アメリカ方面を目指すというもの。1940年7月早朝、杉原さんは領事館の前に人だかりができていることに気づき、事情を聴くと、ビザ発給を待つ人々でした。日本の外務省に連絡しますが、ドイツは同盟国でしたらから、当然、答えは「NO!」。しかし、自らの裁量で手書きのビザを発給したのです。記念館では、本人の肉声で、「日に日に群衆は大きくなり、どうしようもなかった」と胸の内を話しています。退去する8月26日までに2139家族に発給。

b0067283_16372638.jpgこの後、家族でベルリンに向かうのですが、その列車までユダヤ人が追いかけてきて、ビザを書き続けたそうです。まさに「日本のシンドラー」。国の代表である外交官という立場でありながら、この決断をするということは、計り知れない勇気が必要だったことでしょう。しかし、「中には小さい子どももいて、見過ごすことができなかった」と言う通り、人の命は何より重い!ということなのです。同じ日本人として、杉原さんを誇りに思います。

今年の夏は、アムステルダムに寄って、『アンネの日記』の作者、アンネ・フランク一家の隠れ家を見てきました。再び、アンネのような悲劇を起こさないためにも、杉原さんの志を発信し、学んでほしいと願い、家族で平和の鐘を鳴らしました。
[PR]
by micho7 | 2013-09-10 16:23 | 日本(それ以外) | Comments(0)
2013年 04月 11日
東京スカイツリーに行ってきました!
b0067283_17113535.jpgb0067283_17122826.jpg
埼玉で講演した帰り、どうしても行きたかったスカイツリーに寄り道しました。
高さは634m、「むさし」と覚えるそうで、京都タワー(131m)の約5倍、とにかく高い!!
でも、夕方行ったので当日券購入のための整理券は終わっていて中に入れず。
インターネットで事前予約すればよいのですが、なんと当日券より500円高い2500円、
さらに上の展望台は+1000円。京都タワーはネット割引で700円なので、値段も5倍! 
何も考えず、スカイツリー駅に来ましたが、あまりに近すぎて全部入りきれません。
これなら、浅草あたりで降りればよかったぁ(涙)。とにかく、ケタ違いに大きなタワーです。
ちょうどライト点灯の時間で、桜に合わせた薄ピンクの灯りが点いた瞬間、
「わ~っ」という歓声とカメラのシャッター音があちこちから聞こえてきました。
いつか、家族で昇りたいなぁ、でも、疲れたぁ(笑)
[PR]
by micho7 | 2013-04-11 16:28 | 日本(それ以外) | Comments(2)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(94)
(89)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
お気に入りブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~ふらち...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
CooPlanning ...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
ACCUのコラムは、小笠原諸..
at 2017-02-17 14:35
ふるさと納税⑲ 八幡浜市のせ..
at 2017-02-09 13:18
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-06 11:14
平安神宮の節分は、「大儺(だ..
at 2017-02-03 21:48
石丸謙二郎さんと旅トークします!
at 2017-02-01 14:26
ブログジャンル
画像一覧