<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2010年 05月 30日
相生ペーロン祭、播州に初夏を告げる水しぶき
b0067283_10174030.jpg相生市(あいおいし)の相生湾で、恒例の「ペーロン競漕」が開催されました。龍をかたどった細長い船に32人が乗り込み、ドラと太鼓の音に合わせて力いっぱいオールをこぎます。その度に上がる水しぶきは気持ちよさそうで、今日の暑さを忘れさせるほど勇壮でした。
b0067283_10141162.jpgペーロンと言えば、長崎が有名ですが、大正11年、長崎出身の造船所従業員が故郷をしのんで始めたのがきっかけです。それが今や、相生市の名物行事に!

b0067283_10223428.jpg朝9:00から始まっていますが、私が会場に着いたのは午後1時半。最前列で三脚を構えるカメラマンにギョッとしましたが、レースも撮影スペースも結構あります。人気撮影スポットは折り返し地点のカーブでしたよ!
[PR]
by micho7 | 2010-05-30 23:08 | 兵庫 | Comments(6)
2010年 05月 29日
ひまわりの丘公園でハーブサミット開催!
b0067283_2040860.jpg小野市のひまわりの丘公園で開かれた「第19回全国ハーブサミット」に行きました。「ハーブでエコな暮らし・食と健康」をテーマに、講演会やハーブせっけん、ピザ作りなどがあり、大勢が訪れていました。私がここに来た目的は、先月引っ越した家に、家庭菜園するのにちょうどいい小さな畑があり、ハーブを植えたいと思っていたから。
公園のハーブガーデンには、ラベンダーやローズマリーなど24種類を植えられていました。
顔を近づけると、スカッとする気持ちよい香りがします。
ハーブの香りは心神をリラックスさせる効果もあるのだとか…。
これをきっかけに、ハーブでエコな生活を始めてみようかなぁ。
[PR]
by micho7 | 2010-05-29 20:37 | 兵庫 | Comments(4)
2010年 05月 28日
与謝野町加悦、機音響くちりめん街道 (京都)
b0067283_17505978.jpg
京都府与謝郡与謝野町加悦(かや)に、「ちりめん街道」と呼ばれる場所があります。
丹後ちりめんで栄えた町で、江戸後期から昭和初期の建物が残っています。

b0067283_21174654.jpgb0067283_21161230.jpg旧尾藤住宅は、江戸時代の生糸ちりめん商家。外観は完全な和風ですが、奥には洋館が増築され、主人の好みと繁栄ぶりが分かります。
b0067283_21233333.jpgb0067283_2125405.jpgb0067283_2128466.jpg
左から、旧加悦町役場庁舎(現在は喫茶店)、明治期のちりめん工場である西山工場、大正6年建造の伊藤医院診療所などが点在しています。そして、何ヶ所かでシャカシャカ…という軽快な機織の音が聞こえてくるんです!電線の地中化もまだですし、所々に新しい家もあり、町並み全体の印象は薄いと言わざるを得ませんが、音があることでグッと想像力が広がりました。
b0067283_21371188.jpg
ところで、与謝野町という地名は市町村合併でできた新しい町。与謝野鉄幹の父親の出身地なんだそうです。(→)これは、織物の紋柄を織り出す時に使う「紋紙」に、与謝野鉄幹や晶子の句が書かれたもの。「ご自由にお持ち帰りください」とあります。もてなしの心も十分です。
[PR]
by micho7 | 2010-05-28 22:07 | 京都 | Comments(6)
2010年 05月 25日
日本の鬼の交流博物館、日本一の鬼瓦が待つ!
b0067283_1204485.jpg私を待ちうけていたのは、巨大な鬼瓦!鬼瓦制作者でつくる日本鬼師の会が、130個のパーツを分担して造り、組み上げたもので、高さ5m、重さ10tの日本一の大鬼瓦でした。これだけ大きいと、迫力があります。立ち寄ったライダーたちが、次々、写真を撮っていました。

b0067283_12432355.jpg








その隣りには、これまた鬼の形をした「日本の鬼の交流博物館」があります。中に入ると…
b0067283_11545522.jpg近畿の社寺を中心にした鬼瓦50点や、日本や世界の鬼の面などが展示されています。でも、ただ並んでいるだけで、鬼の起源や関連性、郷土色を表すものが少なく、大人310円は高いと思いました。お客さんもほとんどいません。
ここ大江山は、酒呑童子の話など3つの鬼退治伝説があります。それをテーマに町おこしするため、’93年にオープンしましたが、この状態…。

b0067283_12192859.jpgb0067283_1220039.jpgとは言え、鬼のオブジェは宝探しのようで面白かったです。←こちらは呑鬼(のんき)。こちらは遊鬼(ゆうき)→。
今やどこにでもある博物館。ただ、箱物を作ってまとめて展示するのでなく、実際に歩いて鬼伝説を知れるような町おこしの方が意味があるのではないか、と思いました。
[PR]
by micho7 | 2010-05-25 12:29 | 京都 | Comments(10)
2010年 05月 24日
福知山市大江町は、鬼の里?!
b0067283_19492857.jpg棚田百選のある福知山市の旧大江町。ここから奥へ入ってみると、道路沿いに鬼がいました。その名を「清流鬼」。近くに渓谷があるらしく、道案内をしていました。さらに進むと、(↓)道路の左右に赤鬼と青鬼が構え、周囲は薄暗い森林が続いています。何やら、怪しい雰囲気。鬼が気になり始めました。

b0067283_21404625.jpgb0067283_19584060.jpgb0067283_19563681.jpg
そして、極めつけは、この看板と鬼でした。名前を「分鬼(ぶんき)」(↑)。
まっすぐ行くつもりでしたが、鬼に導かれ、曲がることに…。さて、待ちうけていたものとは?
[PR]
by micho7 | 2010-05-24 08:25 | 京都 | Comments(4)
2010年 05月 23日
毛原の棚田、雨を待つ水田 (京都)
b0067283_1181164.jpg
b0067283_11113747.jpg兵庫県との境にある京都府福知山市。その北東部の山中に、日本の棚田百選の一つ、毛原がありました。カエルの声が響く中、田植えを終えたばかりの水田は、間もなくやってくる雨を待ってしっとりしていました。現在、13戸の家々が600枚の水田を維持していますが、かつては、頂近くまで田畑があったと言います。休耕田も目に付きますが、農作業をする人、あぜ道を駈ける子ども、田んぼの脇のお地蔵さんは、ほっとする日本の原風景です。
[PR]
by micho7 | 2010-05-23 13:06 | 京都 | Comments(8)
2010年 05月 17日
韓国の一大リゾート、済州島に行ってきました!
b0067283_14535943.gif
ゴールデンウィーク翌週、韓国の済州島(チェジュド)&ソウルに3泊4日で行ってきました。
忙しくて準備ができず、出発前日に航空券を取るというドタバタぶり。
レンタカーもホテルも予約できないまま、「行けば何とかなる!」の精神で飛び立ちました。
旅の前半は、「東洋のハワイ」とも呼ばれているらしい済州島。
火山島で2007年に世界遺産になったこともあり、日本人観光客にも大人気です。
ちょうどツツジや菜の花が咲き、新緑の中、鳥の声をバックに気持ちよく山歩きをしました。
(↑)私たちの背景に見える一番高い山が、韓国最高峰1950mの漢拏山(ハルラサン)。
溶岩が造った洞窟や、火山の噴火口、今も使われている古い町並みなども見学しました。
食事も楽しみの一つで、焼肉はもちろん、アワビの海鮮鍋もおいしかったです。
後半は、ソウルを基点に2009年世界遺産になったばかりの「朝鮮王墓」などを訪ねました。
フライト時間が短く、時差がないため、4日間でもたっぷり楽しめましたよ!
※詳しくは、ブログ「美智代の世界遺産紀行」でリポートしますので、ご覧ください♪
[PR]
by micho7 | 2010-05-17 14:55 | 世界遺産紀行 | Comments(14)
2010年 05月 16日
<おまけ> 伊予灘SAにも、ちゃんぽんが!
b0067283_16252812.jpg松山に住む弟に、「高速道路の伊予灘SAにもちゃんぽんがある」と聞き、寄ってみました。すると、数あるメニューの中で、トップに掲げられているのが、「伊予灘チャンポン」!
八幡浜ちゃんぽんもここまで浸透してきたか、という感じです。ただ、大きく違うのは、こちらは具が卵とじになっていること。そのせいか、スープも濁っていて、少し味も違います。

b0067283_16285891.jpgでも、野菜、肉、海の幸を使った具だくさんのスタイルは、そっくりです。結構、おいしくいただきました。
ところで、ここは伊予市街が一望できる場所にあり、伊予灘に沈む夕日を眺めながら、オレンジ色の伊予柑ソフトクリームを食べるのもオススメですよ。
※伊予灘チャンポンは下り線SAでのみ、食べられます。
評価(3点満点・・・味072.gif 値段072.gif072.gif  居心地072.gif

[PR]
by micho7 | 2010-05-16 16:23 | 愛媛(故郷) | Comments(2)
2010年 05月 14日
八幡浜ちゃんぽん⑬ クオーレ、イタリア風ちゃんぽん
b0067283_1485932.jpgうわ~、おいしそうなパスタ!と思うかもしれませんが、これはちゃんぽん!!トマトの甘味と酸味がほどよく調和したソースに、ナス、厚切りベーコン、パプリカ、タマネギなどの具が入り、ここまでは完全にイタリアン。でも、麺を口に入れた時、もっちりした食感は紛れもなくちゃんぽんだと気がつきます(600円)。
b0067283_14112064.jpg意外にもこれがピッタリ合うんです。しかも、あまったソースに十二雑穀ライス(200円)を加えて混ぜ合わせると、リゾットに!一度で二度おいしいアイデアもナイスです。このメニューは、洋風居酒屋クオーレで食べられます。お酒のボトルや映画のポスターが貼られたおしゃれな店内。ちょっとクセになりそうな新感覚のイタリア風ちゃんぽんをぜひお試しあれ~♪

b0067283_15352670.jpgb0067283_15355485.jpg※営業時間11:00~14:00
17:30~22:00 
定休日:日曜日
駐車場あり、八幡浜警察署の隣り

評価(3点満点・・・味072.gif072.gif072.gif 値段072.gif072.gif  居心地072.gif072.gif

[PR]
by micho7 | 2010-05-14 08:08 | 愛媛(故郷) | Comments(0)
2010年 05月 12日
八幡浜ちゃんぽん⑫ ぢゅうぢゅう、地元が愛する”浜名物”
b0067283_11515993.jpg故郷のグルメと言えば、八幡浜ちゃんぽん。12軒目は、新川通りにある「レスト&コーヒーぢゅうぢゅう」。目の前にちゃんぽん(500円)が運ばれると、ゴマ油の香りがぷ~んと漂い、食欲をそそります。具材で最も目を引いたのは、タケノコ!シャリシャリした食感がアクセントになると同時に、旬を感じさせてくれます。
b0067283_11549100.jpg鶏がらベースですが、やや醤油辛いかも…。見た目、香り、ボリュームと申し分なく、メニューに”浜名物”とありました。
ちなみに、母が注文したエビカレーは、大きなエビフライが2本ついて800円。お子様ランチは500円で、ハンバーグやエビフライ、おにぎりの他に、ジュース、プリン、フルーツ、お菓子がつく充実ぶり。他のメニューも試してみたくなりました♪
これが、創業40年、地元の人に愛されている理由ですね。
※営業時間11:00~14:00 17:00~21:00 定休日:月曜日  駐車場あり
評価(3点満点・・・味072.gif072.gif 値段072.gif072.gif  居心地072.gif072.gif

[PR]
by micho7 | 2010-05-12 09:09 | 愛媛(故郷) | Comments(2)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(91)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~他とは...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
家をつくることを考える仕...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
「富岡製糸場&国立西洋美術館..
at 2017-04-01 16:00
福井県・敦賀高校で世界遺産教..
at 2017-02-22 17:22
大阪市中央公会堂で、俳優・石..
at 2017-02-21 22:35
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-19 20:30
「近畿歴史まちづくりサミット..
at 2017-02-18 17:13
ブログジャンル
画像一覧