<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
2011年 11月 30日
金福寺、モミジ輝く黄昏の庭
b0067283_7514391.jpg
b0067283_16535137.jpg北白川界隈の名所、最後は、詩仙堂の近くにある金福寺です。臨済宗南禅寺派のお寺で、慈覚大師・円仁自作の聖観音菩薩像を祀っています。午後4時すぎ、門をくぐると西日を浴びてオレンジ色に輝くモミジとその影を映す散紅葉(→)に遭遇。とっさにシャッターを切ります。(↑)それから、メインのお庭へ。モミジが主役ではないのですが、高台に上ると、所々赤く彩られた木々と白砂、その向こうには京都市街、そして、ピンクに染まった空との調和が夕暮れのせつなさを演出していました。こうして、日一日と色を深めていくんですね。
 ※拝観料400円、無料駐車場あり(小型2台分)

b0067283_16341412.jpg<美智代のワンポイント> 丘の上の東屋が芭蕉庵!
ここは松尾芭蕉がしばしば訪れた場所で、住職の鉄舟和尚と語り合った場所を芭蕉庵と名付けていました。b0067283_2141026.jpgしかし、後に与謝蕪村が訪れた際、荒廃していた庵を嘆き、再興したのだそうです。市街を見下ろす山中に蕪村の墓がありました。


[PR]
by micho7 | 2011-11-30 17:40 | 桜2011 | Comments(2)
2011年 11月 30日
赤山禅院、心静かなモミジの参道
b0067283_7461185.jpg曼殊院まで来たならば、もう少し北へ足を延ばして赤山禅院まで訪れてはいかがでしょう?
比叡山延暦寺の塔頭ですが、平安京の東北、つまり表鬼門に位置することから赤山大明神が方除けとして祀られている神仏習合の場所です。山門をくぐって社殿までが一番の見所。天を覆う錦のモミジを見上げながら歩くと、冷たい空気も心地よく、秋の静けさを楽しめました。
※境内無料、無料駐車場あり (11/25撮影)
b0067283_9153428.jpg
<美智代のワンポイント> 拝殿の屋根に注目!
b0067283_916566.jpgふと屋根を見上げると、金網に囲まれた猿を発見! 猿(申)は、鬼門と反対の方角の西南西を指すことから、邪気を払う力があるとされます。では、なぜ網の中に? 最初は文化財保護のためかと思いましたが、夜な夜な暴れだし、悪さをするため、逃げ出さないように入れられているのだそうです。ちゃんと意味があるんですね。ちなみに、赤山禅寺は、888年、天台密教の基礎を築いた慈覚大師 円仁(794年~864年)の遺命により、弟子の安慧(あんね)によって創建されました。


[PR]
by micho7 | 2011-11-30 07:44 | 紅葉2011 | Comments(0)
2011年 11月 29日
曼殊院門跡、紅葉も一瞬が大事!
b0067283_16461215.jpg
b0067283_16432348.jpg圓光寺から10分ほど北へ歩くと、モミジのトンネルの向こうに、白壁の格式高い門が見えます。曼殊院門跡の勅使門(→)です。門跡とは、皇族や貴族が住職を務める寺院のこと。伝教大師最澄によって比叡山に建てられた坊を起源とし、1656年良尚法親王の時に現在の場所に移され、造営に力を入れられました。大書院、小書院を始め、襖絵など見所が多いのですが、この時期は何と言っても庭が主役。遠州好みの枯山水で、白砂の中に鶴島と亀島を配置し、樹齢400年の五葉松が見事に枝を伸ばしていました。人が多いのでなかなか額縁での写真(↑)は撮れないのですが、カメラを構えて待っていると、タクシーの運転手さんがお客さんに声をかけてくださり、その瞬間、一斉にシャッター音が聞こえました。
※拝観料は600円、無料駐車場あり (11/26撮影)
[PR]
by micho7 | 2011-11-29 07:50 | 紅葉2011 | Comments(0)
2011年 11月 28日
圓光寺、人もモミジもため息ばかり
b0067283_1022040.jpg
b0067283_10543754.jpgb0067283_10562871.jpgb0067283_1163335.jpg
詩仙堂の前の小道を少し歩くと、お気に入りの紅葉の名所、圓光寺(えんこうじ)があります。
十牛の庭が素晴らしく、本堂の縁側に座って眺めると、モミジが額縁の中に見えるんです
紅葉の舞台を見ているような印象から、2004年に「私が選ぶ紅葉・第2位」に輝きました。
ここは超穴場だったのですが、数日前、報道ステーションにも紹介され、ものすごい人数。
ライトアップも3~4年前にやめてしまったそう。そうしなくてもいいほど、人が来るからでしょう。
とは言え、人込みを除けば、相変わらず、ため息がでるほど美しいです。
まだ少し早いのか、燃えるようなモミジとまではいきませんが、
苔むした庭に錦の紅葉を通過した優しい光が差し込んで、素敵な秋を作っていました。
※拝観料は400円、駐車場はありますが、この時期は使用禁止です。 (11/26撮影)

<美智代のワンポイント> 圓光寺とは?
b0067283_5573250.jpg1601年徳川家康が教学を発展させるため、伏見に建てた学校が始まりで、1667年に現在の地に移転。市街を一望できる裏山の中腹には、「東照大権現」と書かれた家康公の墓がありました(→)。意外に地味?
b0067283_5591587.jpgまた、学校を開いた際に出版した書物を「圓光寺版」と呼び、家康公から送られた木活字が宝物館に展示されています。現存する活字では、日本最古のものだそうです(←)。ぜひ、この機会にご覧ください。



[PR]
by micho7 | 2011-11-28 06:17 | 紅葉2011 | Comments(0)
2011年 11月 27日
詩仙堂、人をかき分け紅葉狩り
b0067283_871783.jpgb0067283_8101178.jpgb0067283_864819.jpg
b0067283_8161293.jpgb0067283_817325.jpg
北白川の詩仙堂に行ってきました。2004年に訪れた時は穴場だったのに、今や団体さんも次々やってくる人気スポット。白砂の縁側には常に人が押し寄せ、心を落ち着けて庭を眺める…という訳にはいきません。家康の家臣だった石川丈山が1641年に造営し、31年間住んだ山荘です。詩仙堂という名前は、狩野探幽に描かせた中国の漢晋唐宋の詩家36人の肖像画を掲げた”詩仙の間”を中心としているところ呼ばれています。こちらも必見です! (11/26撮影)
※拝観料500円、駐車場は向かいにあり(500円)
[PR]
by micho7 | 2011-11-27 08:10 | 紅葉2011 | Comments(4)
2011年 11月 26日
イクメン日記⑮ 愛情こもったゴーカイジャーおにぎり
b0067283_2123647.jpg3時間の鞍馬山ハイキングを頑張れた理由。それは、お弁当にあるかもしれません。夫がゴーカイジャーの包みを買ってきて、朝、息子と一緒にどれにするか選び、大好きな塩昆布を入れて、おにぎりを作りました。食べる前、丁寧に並べて、「どれがいい?」と家族全員の好みを聞き、一つずつ分けてくれます。私なら買わないのですが、男同士で価値観が合うのでしょう。息子の喜ぶ様子を見て、満足そうな夫。今日はどこの紅葉狩りに行こうかな?
[PR]
by micho7 | 2011-11-26 10:01 | イクメン日記 | Comments(4)
2011年 11月 25日
鞍馬山へ行こう⑥ 貴船神社、光マジックの紅葉
b0067283_13331553.jpgb0067283_13373492.jpg午後5時半。雨上がりの石段は、燈籠の明りを反射させ、ライトアップをしっとりと盛り上げます。口からは白い息。境内のかがり火が冷えた体を温めてくれました。貴船とは水の神様。ここのおみくじは水につけると文字が浮かぶ珍しいものなんです。それほど色づいていませんが、光マジックで十分楽しめますよ!
b0067283_13401178.jpg
<美智代のワンポイント>  夜の叡山電鉄も必見です♪
b0067283_1813961.jpg帰りも偶然、叡山電鉄のパノラマ車両に乗りました。「もみじのトンネル」に来ると、車内の電気が消され、カラフルな光に照らされたモミジが窓枠いっぱいに現れます。同時に、(←)運転席のカーテンも開く! あっという間なので見逃さないように!!

[PR]
by micho7 | 2011-11-25 13:32 | 紅葉2011 | Comments(0)
2011年 11月 24日
鞍馬山へ行こう⑤ 貴船神社と貴船そば
b0067283_1614472.jpg午後4時半、貴船神社ではライトアップが始まっていました。さあ、行こう!とした瞬間、空からポツポツ…雨粒です。とっさに家の軒下に入り、雨宿りしていましたが、一向に止む気配なし。息子は疲れてうとうとするし、近くのお店で食事をしながら待つことにしました。神社下の鳥居茶屋です。
b0067283_1621088.jpg注文したのは、貴船そば(900円)。とろろをかけて豪快にいただきます。b0067283_16352278.jpgお蕎麦にのったモミジのかまぼこが目でも楽しませてくれます。夫が頼んだ名物あゆ茶漬け(1500円)。あゆは軟らかく、懐かしい味がしたそうです。ただ、これより安いメニューはなく、ちょっと食べるには高級すぎ…。
外にでると雨は止み、真っ暗になっていました。 
[PR]
by micho7 | 2011-11-24 16:21 | 紅葉2011 | Comments(2)
2011年 11月 23日
鞍馬山へ行こう④ 3時間の修行の果て
b0067283_9394788.jpgb0067283_10334379.jpgここから先が奥の院。紅葉は姿を消し、鬱蒼とした森が続きます。小さな門をくぐると、一層冷たい空気。冷気が漂っているよう。牛若丸が修行の途中で水を飲んだという「息つぎの水」を通り過ぎ、午後3時半、峠に到着しました。血管のように浮き出た根っこ。ここがまさに、天狗から兵法を学んだ所でした。
b0067283_9411535.jpg
b0067283_10452090.jpg辺りはしんっと静まり返り、道はさらに奥へと続いています。千年近い樹齢をもつという杉が御神木の大杉権現(→)がありました。下にはあんなに大勢いた人もここでは数人。心を落ち着け、祈りを捧げます。はしゃぐ息子に「天狗は空を飛んでやってくる。どこかでみているよ!」と諭すと、途端に口を閉じ、私の手をぎゅっと握りました。後はひたすら階段を下るだけ(↑)。

b0067283_1058691.jpgb0067283_10585466.jpg(←)牛若丸と天狗が出会ったという「僧正ガ谷不動堂」や脇にある「義経堂」を過ぎると、(→)「奥の院魔王殿」はすぐそこです。650万年前、金星から霊王として降り立った魔王をお祀り。
b0067283_1112519.jpg(←)綱のようにねじれた木に落ち葉が降り積もっています。こうして時を重ねてきたのですね。この辺りまで下ると、貴船の川のせせらぎが聞こえてきました。

b0067283_11132057.jpg午後4時30分、
ゴール!!

歩き始めて3時間、5歳の息子がすべて自力で歩き通せるとは! これも鞍馬天狗のご加護なのでしょうか。修行を全うした彼を誉めてやると、ゴーカイジャーのポーズ♪ あれっ、いつもと変わらない? いや、きっと何かを学び、成長したはずと信じています。
<美智代のワンポイント> 霊宝殿も立ち寄って!
b0067283_1265713.jpg奥の院に上がる途中、赤いモミジ(→)が目印の霊宝殿に入りました。人気がなく、寂しい雰囲気。200円払って見る価値あるの?と思ったら、3階にすごい国宝み~っけ♪ 平安時代後期の木彫り像で、真ん中に毘沙門天、脇を固める吉祥天と善膩師(ぜんにし)童子が並んでいます。四天王のうち北の守護が毘沙門天(多聞天ともいう)。鞍馬は京都の北に位置するため、毘沙門天が本尊なのです。b0067283_12620100.jpgガラスケースに入れられるわけでもなく、むき出しのまま立っていて、すごい迫力。精巧に彫り込まれた像をまじまじと見つめました。
(←)また、霊宝殿の向かいには与謝野晶子の書斎「冬柏亭」が移築されています。

[PR]
by micho7 | 2011-11-23 22:38 | 紅葉2011 | Comments(0)
2011年 11月 22日
鞍馬山へ行こう③ 錦の紅葉とパワースポット
b0067283_7422740.jpg
b0067283_7435278.jpg午後2時40分、紅葉を見上げながら、つづら折りの道を上ってきました。枝先の葉っぱだけが黄色く色づいている木が目立ち、真紅のモミジはほとんどなかったように思います。それでも、雲間から太陽が顔を出すと、錦に輝き、水彩画のように優しい風景を見せてくれました。この石段の途中でスリランカのお茶をお接待。ここでお弁当を食べて、少し上ると本殿金堂です。愛を表す千手観音、光を表す毘沙門天、力を表す護法魔王の三身を一体とした尊天が祀られています。そして、宇宙エネルギーに満たされているということでパワースポットにもなっているんです(→)。日頃、疲れている体を充電し、さらに奥の院を目指します。
<美智代の豆知識> 祈りのことば
月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く、すべては尊天にまします
 
[PR]
by micho7 | 2011-11-22 23:20 | 紅葉2011 | Comments(0)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(91)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~他とは...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
家をつくることを考える仕...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
「富岡製糸場&国立西洋美術館..
at 2017-04-01 16:00
福井県・敦賀高校で世界遺産教..
at 2017-02-22 17:22
大阪市中央公会堂で、俳優・石..
at 2017-02-21 22:35
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-19 20:30
「近畿歴史まちづくりサミット..
at 2017-02-18 17:13
ブログジャンル
画像一覧