<   2013年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2013年 02月 28日
チャイナカフェ柳華、ママ友と咲かせる花♪
b0067283_1263880.jpgママ友さんとランチに行ってきました。三条通りにある「チャイナカフェ柳華」。香港あたりにありそうな、おしゃれな店内は、女性客に人気間違いなし。ランチも950円と手頃だったので、食後にこんなお茶を頼んでみました。工芸花茶といって、茶葉の中に花を包み込んでいます。テーブルに運ばれてきた時は、大きな種が入っているみたいでしたが、みるみるうちに開き、こんなに見事な水中花に変身♪ 
b0067283_1292927.jpg

お茶は、すっきりしたハーブのような味わいで、一層、話にも花が咲きました。
お互い4月から小学校の子供をもち、その準備などでいろいろと忙しい時期。
だからこそ、たまには、こんなリラックスタイムをもたなくちゃ!!また行きたいなぁ。
056.gif「新緑の二条城と京友禅体験」、募集開始056.gif
お問い合わせは、朝日カルチャーセンター梅田教室 TEL 06-6348-1450

[PR]
by micho7 | 2013-02-28 17:39 | 京都 | Comments(2)
2013年 02月 27日
京都の町家で友禅染体験はいかが?
b0067283_14593218.jpg京都らしい町家の佇まい。奥に何があるのか、そ~っと足を踏み入れたくなります。二条城から徒歩5分、御池通から小川通を少し南に下がった所にあります。通り名が示すように、昔はきれいな小川が流れて、染物が盛んな地域でしたが、今では数軒残すのみ。そこで、明治38年から続く友禅染の「丸益西村屋」が、多くの人に知ってもらおうと、築80年の町家を改装し、体験工房を作りました。b0067283_11145184.jpg
b0067283_1584226.jpg私が体験したのは、型友禅。布の上に好きな型をおき、顔料を刷り込んでいきます。これは(→)、私が初めて作ったものですが、意外と簡単で上手にできます。色の重なり具合でいろんな変化が生まれ、つい夢中になりました。

b0067283_1512385.jpgオーナーで伝統工芸士の西村良雄さん(←)。アイディアマンで、体験工房の他に、カフェやギャラリーも併設し、「将来的には京都のさまざまな工芸士が集まるサロンを作りたい」とおっしゃっていました。
※5月8日の現地講座では、午前中に二条城を訪れ、お昼は京都国際ホテルのランチ&展望、午後からは友禅染体験を行います。ご参加をお待ちしております♪
[PR]
by micho7 | 2013-02-27 07:33 | 京都 | Comments(2)
2013年 02月 26日
「新緑の二条城と京友禅体験」、募集開始!
b0067283_1829940.jpgどこから見た景色? 京都国際ホテルの屋上から眺めた二条城です。雁行型の二の丸御殿が分かります。ここは京都で4番目に開業した老舗で、江戸時代後期は、福井藩の藩邸がありました。私の講座では、普段は閉まっている屋上に上がります。城はもちろん、五山送り火が一望できる場所なのです。
b0067283_18322421.jpg今は冬枯れの景色ですが、5月8日は新緑が美しく、ツツジも咲いている時期。どう変化するのか楽しみです。午前中に城内を見学し、お昼はこのホテル1階のステーキ割烹「近江」で、目の前で焼いてもらった厳選国産牛のステーキランチに舌鼓。
b0067283_932558.jpg
席に座ると、江戸時代末期の二条城付近を描いた「洛中洛外屏風絵」をモチーフにした紙製のランチマットが敷かれ、二条城の世界に浸りながらお食事をいただけるのも、このお店を選んだ理由の一つ。この紙は全員にプレゼントします♪ ぜひご参加くださいね。

056.gif「新緑の二条城と京友禅体験」、募集開始056.gif
お問い合わせは、朝日カルチャーセンター梅田教室 TEL 06-6348-1450

[PR]
by micho7 | 2013-02-26 09:43 | 京都 | Comments(4)
2013年 02月 25日
二条城、障壁画の修理に65年!
b0067283_161941.jpg二条城のもう一つの宝は、襖絵や天井画などの障壁画。狩野派の松の襖絵が有名ですね。何と、3000面を超える障壁画があり、そのうち、1016枚が重要文化財なのです。これらを守るべく、40年前の昭和47年から、原画の保存修理が行われています。まず、原画を京都国立博物館に送って修復します。

b0067283_15595241.jpgその後、城内の工房(非公開)で、慎重に模写(写真)。できた模写画をはめ替え、原画は収蔵館に保管します。ここで大事なのは、古くなった今の状態ではなく、400年前に作られた原画を想像して模写画を作ること。とは言え、あまりに新しすぎると違和感があるので、少し古さも出しながら描くのだそう。長年模写している専門家は、襖絵の描き方が違うとか、当時の画家の気持ちまで分かるそう。

1年間で8面(襖絵は裏表あるので4枚)しかできません。40年経った今で、対象1035面のうち70%弱が完了。つまり、すべてできるのは、平成50年度の予定なのです。これは、平成23年度から20年計画で行われる総額100億円の建物の修理とは別事業です。
5月の現地講座では、展示収蔵館の原画を間近に見ながら、専門家に襖絵の解説と保存修復の苦労についてお話を伺います。ぜひご期待ください。

056.gif「新緑の二条城と京友禅体験」、募集開始056.gif
お問い合わせは、朝日カルチャーセンター梅田教室 TEL 06-6348-1450

[PR]
by micho7 | 2013-02-25 06:51 | 京都 | Comments(2)
2013年 02月 24日
二条城、ただいま修理中の唐門を拝見!
b0067283_9475210.jpg今年5月、二条城の現地ツアーを開催するにあたり、現在、修理中の唐門を特別に見せてもらいました。漆の匂いがツ~ンとする中、真新しく桧皮(ひわだ)に葺き替えられた屋根とご対面です。桧皮とはヒノキの皮で、平べったく細長い板にしたものを1.2㎝ずつずらしながら何枚も重ねていきます。

b0067283_9493511.jpg神社などでよく見かける工法ですが、こんなに間近で見たのは初めて。重なり幅は10㎝。実に細かく丁寧に仕上げられていました。樹齢60~200年の木が900本ほど必要で、30年に一度のペースで葺き替えられます。といっても、そのたびに伐採されるのではなく、10年ごとに皮を剥ぎます。

b0067283_10393698.jpg丹波の黒皮が使われ、それを育てるだけでも大変だと思うのですが、近年、原皮師(もとかわし)と呼ばれる皮を剥ぐ職人さんが減っているのが問題だそうです。木に登って手作業で一枚ずつ剥がねばなりません。

さらに、唐門の見所は、唐破風の彫刻です。10体の獅子、鶴、亀、仙人、孔雀、蝶などが色鮮やかに飾れています。これらは魔除けの意味。今にも動き出しそうな虎の彫刻は、下から見るよりずっと大きく、迫力がありました。一部は取り外され、城内の工房(非公開)で修復作業が施されています(→)。欠けた部分の彫刻は、職人さんが当時を想像しながら足していくのだそう。長年の風化で色もかなり落ちていましたが、これから金箔などが貼られ、今年秋に唐門が甦ります。

しかし、これは平成23年度から20年かけて行われる建物修理の一部。
今後、二の丸御殿などに拡大して修理が行われ、総額100億円!(国と市が折半)
観光では出来上がった部分しか見ませんが、それを守る苦労は大変なものなのですね。

056.gif「新緑の二条城と京友禅体験」、募集開始056.gif
お問い合わせは、朝日カルチャーセンター梅田教室 TEL 06-6348-1450

[PR]
by micho7 | 2013-02-24 09:58 | 京都 | Comments(2)
2013年 02月 22日
たかばし本家第一旭、京都ラーメンの基本形?
b0067283_17363976.jpg京都駅のすぐ近く、いつも行列ができている2軒のラーメン屋さんが気になっていました。その一つ、本家第一旭。特製ラーメン(800円)は、スープに浸されたたっぷりのチャーシューと九条ネギが鮮やかで、豚骨醤油が芳ばしい香りを放っていす。ガッと麺をすくいたい所ですが、スープがこぼれそうなので、その気持ちを抑え、慎重に味わいます。
b0067283_17373044.jpgオーソドックスな味わい♪ 昭和22年から中華そばの専門店として開業しているという、京都ラーメンの基本形とも言うべき味でした。息子には、私の分を分けると言ったのですが、断固、「一人前がいい!」と言ったため、ミニラーメン(550円)を注文。完食できず、ちょっとしょんぼりしていました。これが全部食べられるようになったら、大人に一歩近づくのかな?
寒い冬にフーフー言いながら食べるラーメン。家族の心も温かくしてくれました。
[PR]
by micho7 | 2013-02-22 11:49 | 京都 | Comments(6)
2013年 02月 19日
羽曳野市、古墳群で目指すぞ世界遺産!
b0067283_10185077.jpg
b0067283_1131650.jpg昨年10月から講師を務めてきた大阪府羽曳野市の市民大学。今期、最も多い受講生の皆さんにご参加いただき、終了しました。これまで自宅と会場を行き来するだけで、探索する余裕がなかったなぁと、近くの公園に行ってみると、こんもりした緑の丘があちらこちらに見えるではありませんか!看板の地図を見ると(↓)、古墳だらけの街。3世紀後半から6世紀中頃に造られた120基のうち、45基が残っています。(↑上)手前は二重の濠をもっていた峯ヶ塚古墳、奥は白鳥陵古墳。そして、盛り土や体積で日本一の巨大古墳・応神天皇陵もここにあるのです(↑下)。 現在、面積が最大の仁徳天皇陵をもつ堺市らと一緒に「百舌鳥・古市古墳群」」が暫定リストに登録され、世界遺産を目指しています。そこで、まずは「世界遺産とは何か?」を知ろうということで、私の講座が開講されたのです。当たり前だった古墳の風景が、世界の宝となり、市民の誇りとなる…宮内庁管轄で調査ができず、時間がかかるかもしれませんが、市民の皆さんの勉強熱心な姿勢と熱意に感じ入り、ぜひとも応援したいと思います。目指せ!世界遺産♪

056.gif <美智代の豆知識> 白鳥陵古墳の伝説 
日本書紀によると、「日本武尊(やまとたけるのみこと)は、遠征から帰る途中、病で伊勢で亡くなり、白鳥として飛び立った。降り立った大和の琴弾原(ことひきのはら・奈良県御所市)と河内の旧市邑(ふるいちむら)に墓を造った」と書かれています。さらに、古市にある白鳥神社の縁起には、「さらに白鳥は舞い上がり、埴生の丘を羽を曳くがごとく飛び立った」とあり、これじにちなんで羽曳野と命名されたそうです。



古市古墳群の分布マップ
[PR]
by micho7 | 2013-02-19 10:19 | 大阪 | Comments(4)
2013年 02月 14日
バレンタインデー、チョコで明るく!!
b0067283_1645386.jpg今日はバレンタインデー♪ うちでも、こっそりチョコレートを準備しました。夫には、地元・京都の洋菓子店「サロンドロワイヤル」のチョコレート。世界遺産エッフェル塔が気に入りました。パティシエの垣本晃宏シェフは、今年10月パリで開かれる「ワールドチョコレートマスターズ」の日本代表なのだそう。気合の現れ?

b0067283_16453869.jpg子どもたちには、サーカス柄の賑やかなチョコ。子どもたちは、ワクワクしながら缶を開け、息子は2つ食べた後、すぐにフタを閉めて、「明日にとっておこ~!」と言って棚へ、娘は「おいちぃ♪」と何度も言って大事そうに半分食べました。ファミリーバレンタインもいいですね♪
夫は、「食べるのがもったい」と言って、結局、時間がたって食べられなくなるのが毎年のパターンなので、今年は美味しいうちにと食べてもらいました。繊細な味の違いは分からないようでしたが、やはりエッフェル塔は残していました(笑)。
[PR]
by micho7 | 2013-02-14 21:46 | 番外編 | Comments(2)
2013年 02月 11日
興福寺・南円堂に上がる煙の正体は?
b0067283_13231630.jpg現在、興福寺境内の中金堂が再建中です。2010年、平城京遷都1300年を機に始められました。藤原不比等が創建しましたが、火災で何度も焼失し、最後は1717年でした。調査を重ね、創建当初の復元を目指しているそう。時代を超えたビックプロジェクトですね。お堂の前にコの字に広がる回廊の礎石も準備OK!とばかりに見ていると、(←)南円堂から煙が?もしや、隕石?!それぞれが主役の伽藍です♪

b0067283_23154746.jpg

[PR]
by micho7 | 2013-02-11 13:25 | 奈良 | Comments(4)
2013年 02月 10日
興福寺、藤原氏ゆかりの謎
b0067283_1710429.jpg
藤原氏つながりで、奈良市の興福寺へ。いつ見ても、五重塔の美しさにほれぼれ♪
国宝館がリニューアルし、私が仕事をしている間、夫がキッズを連れて行きました。
有名な阿修羅像が展示されている所です。以前は古びたガラスケースに入っていた
多くの仏像が現代風にかっこよく露出展示されているとのこと。う~ん、行きたい!
興福寺が保有する国宝の仏像彫刻は、日本全体の17%、まさに宝庫なんです。
五重塔の隣にある東金堂(写真)にも、四天王像や十二神将像など国宝の仏像があり、
文殊菩薩像は整ったお顔立ちで、どこか少年っぽい親しみを感じ、私のお気に入り。
多くの人は国宝館に行くので、東金堂は空いていて、ゆっくりじっくり見ることできます。
知恵を授かりたい方、ぜひお出かけください。

056.gif<美智代の豆知識> 藤原氏ゆかりとは? 
大化の改新」に登場する中臣鎌足は、亡くなる間際に天智天皇(中大兄皇子)から藤原姓をもらいます。これが、藤原氏の始まりです。その藤原鎌足が病気になり、669年、妻の鏡大王が回復を祈って建てたのが山背国の山階寺(やましなでら・京都市山科区)。672年、壬申の乱が起き、都が大津宮から飛鳥に戻った際、山階寺も移され、厩坂寺(うまやさかでら)と名を変えます。710年、平安京の遷都で、鎌足の息子、不比等によって現在の位置に移築され、興福寺となりました。
記録によると100回以上も火災が起こった寺。中でも、1180年、源平合戦で平重衡に焼き討ちされ全焼。伽藍の多くはこれ以降、鎌倉時代に再建されました。


[PR]
by micho7 | 2013-02-10 17:09 | 奈良 | Comments(2)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所以上。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは11年目。今年も頑張りま~す。
by micho7
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(91)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(28)
(26)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★鍵コメさん、コメントい..
by micho7 at 18:34
★tad64さん、コメ..
by micho7 at 12:52
いつもご活躍のご様子で何..
by tad64 at 11:13
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~他とは...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
一級建築士事務所 Co...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
世界遺産写真展、島根県大田市..
at 2017-09-08 10:00
ふるさと納税㉑ 抹茶と茶碗等..
at 2017-09-01 10:36
夏休みは、建国150周年のカ..
at 2017-08-15 13:04
第41回世界遺産が開かれ、イ..
at 2017-07-12 12:52
ふるさと納税⑳ 奈良県三宅町..
at 2017-06-01 17:22
ブログジャンル
画像一覧