<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2013年 05月 31日
日土小学校、木造校舎が戦後4番目の重要文化財に!
b0067283_16125775.jpg
b0067283_16164410.jpg昨年10月、八幡浜市に国の重要文化財が誕生しました! 日土小学校です。戦後に建築された木造校舎で、鉄筋コンクリートや鉄骨をうまく取り入れながら、デザイン性に富んだ近代校舎を建てたところが画期的。光をふんだんに取り入れた窓、裏には小さな川があり、そこに張り出すバルコニー、木造だからこそ、自然景観とマッチした校舎となっているのです。戦後の建物では4件目、学校建築としては初めての重文。母は保育士で日土保育園にも勤務していたので、この前はたまに通ったはすですが、校舎の存在は知りませんでした。外の人に評価されて初めてわかるんですよね。でも、これは紛れもなく、故郷が誇る文化財。大事に守ってほしいです。
※現役校舎のため、一般公開が制限されています。夏休み、冬休み、春休みに公開日が設定されています。詳しくは、八幡浜市のホームページをチェックしてくださいね。
[PR]
by micho7 | 2013-05-31 07:22 | 愛媛(故郷) | Comments(2)
2013年 05月 30日
八幡浜ちゃんぽんNo.25 道の駅でお手軽に♪
b0067283_1216459.jpg4月12日にオープンした道の駅「みなっと」のフードコートでも、ご当地グルメの八幡浜ちゃんぽんが食べられます。豚肉や野菜といった定番の具材にタケノコ、シメジ、かまぼこ、じゃこ天が入り、幕の内弁当ならぬ、“幕の内ちゃんぽん”と言う感じ。最後は味が濃くなったのが残念でした。
b0067283_12145643.jpgそれでも、広い駐車場と定休日なしというのは、観光客を呼び込む大事な要素です。そして、驚くべきは、この窯!本格ビザが焼けるんです。そう言えば、この施設の名前は、「アゴラマルシェ」。「アゴラ」とは古代ギリシャで政治や経済の中心だった広場のことで、アテネのパルテノン神殿の麓にもあります。おっ、世界遺産だ!「マルシェ」とは、フランス語で市場の意味。ピザの本場はイタリア。なんとも国際的です♪

b0067283_12163211.jpg残念ながら、ピザを食べているお客さんは見当たりませんでしたが…(苦笑)。そこの窯で焼いた?パンがズラリと並んでいたので、みかんドーナツを食べてみました。うう~ん、あまりみかんの味がしない・・・。すると、お店のおばさんが、「どうですか?」と尋ねてくれました。まだまだ始まったばかり。感想を聞いて、いいものを作ろうとする姿勢に期待を感じました。
※営業時間8:00~18:00 定休日:なし  駐車場たくさんあり
評価(3点満点・・・味emoticon-0171-star.gif 値段emoticon-0171-star.gif 居心地 emoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif

[PR]
by micho7 | 2013-05-30 14:16 | 愛媛(故郷) | Comments(0)
2013年 05月 29日
道の駅「みなっと」、目指せ、観光拠点!
b0067283_12111524.jpg
b0067283_12115183.jpg私が生まれ育った愛媛県八幡浜市。山のてんっぺんまで作られたみかんの段々畑と漁船が並ぶ港の風景。幼いころは当たり前に見ていましたが、今はとても愛おしです。愛媛県の西の端っこで、新幹線もなく、1時間に1本の特急が止まるのみ。京都からは6時間前後かかります。

b0067283_12145266.jpgでも、久しぶりに帰ってみると、埋め立てられた入り江には、巨大な駐車場を完備した道の駅「みなっと」がオープンし、みかん山を眺められるこじゃれたベンチが置かれていました。中では、さまざまな種類の柑橘や特産品が売られ、観光拠点のようです。食いしん坊の娘は、みかんソフトクリームに目をつけました。みかんの優しい甘さにほんのり酸っぱさが加わって、オレンジシャーベットを食べているみたい♪ みかん色のヘアピンも買ってご機嫌です。帰るたびに新しい道路やトンネルができていて、発展しているようですが、確実に人口は減少しています。
新しいものができることはよいことなのですが、一方で古き良きものもなくなってくようで…。
母は晩年、「さびしい」という言葉を繰り返しました。田舎は癒しではなく、寂しい場所になってきているのでしょう。ハード面を充実させるのは簡単ですが、本当に必要なのはソフト面(医療、福祉、子育て、教育)の政策。「田舎が都会を目指しても絶対になれません。だったら、とことん田舎を貫く!」 みかん山と宇和海の穏やかな自然に培われた浜っ子の人情と心意気。それが伝わる町づくりを目指してほしいと思いました。
[PR]
by micho7 | 2013-05-29 10:37 | 愛媛(故郷) | Comments(2)
2013年 05月 28日
最愛の人との別れ
b0067283_17333276.jpg
今日から近畿地方は梅雨入りです。平年より10日早いのだとか…。
先週、仕事の帰りに御苑により、花菖蒲を見ていた時、母の訃報が入りました。
あまりに突然のことに、しばらく言葉を失って、ただただ、茫然と立ち尽くすのみ。
急いで実家の愛媛に帰り、母と対面した時、やっとそれが現実だと知りました。
お通夜もお葬式も声をあげて泣いたのですが、涙は枯れないんですね。
傍らにいた2歳の娘が、「おばあちゃん、かえってこ~い!」と何度も叫びました。
まだまだ、してあげたいことがいっぱいあったのに、心残りでなりません。
京都に帰ってきた途端に梅雨入り。母の涙なのでしょうか?
悲しみを流して、前を向いて生きていきなさいという母の優しさなのでしょうか?
これまで大事に育ててくれて、本当にありがとうございました。
[PR]
by micho7 | 2013-05-28 15:35 | 京都 | Comments(14)
2013年 05月 20日
下御霊神社の還幸祭、突然の雨にも負けず♪
b0067283_0315194.jpgb0067283_1112730.jpg
下御霊神社の還幸祭の本番です。神輿や平安装束の行列が氏子の地域を回ります。
先頭は長~い剣鉾。悪霊を鎮めるための祭具です。
空に突き立て上下に振ると、取り付けられた鈴の音に合わせて剣がしなります。
音色は涼やかなのですが、支える人は熟練技。電線もあるので、難しそう。
「ヨイサー、ヨイサー」の掛け声で主役の神輿が来たと思ったら、突然、雨が降り出し、
私が待つ場所から5軒手前で雨除けのビニールがかぶせられてしまいました。
それでも、担ぎ手の男衆は勇ましく通り過ぎ、祭りにかける熱い思いが伝わりました。
[PR]
by micho7 | 2013-05-20 00:20 | 京都 | Comments(6)
2013年 05月 19日
下御霊神社の還幸祭で、神輿デビュー♪
b0067283_9593590.jpg京都御苑の南東角にある下御霊神社。その祭礼である還幸祭が開かれました。神社の言われはこうです。「桓武天皇の時代に疫病が流行した。それは、怨みを持って死んだり非業の死を遂げた人々の怨霊だと考え、御霊(ごりょう)としてお祀りした。」 宵宮には、氏子の子供たち300人が御神輿を担いで練り歩きます。うちの息子もねじり鉢巻きで初めて参加しました。京都と言えば、三大祭が有名ですが、地域の祭りも受け継がれているんですね。b0067283_8301511.jpg
寺町のこの界隈が歩行者天国になり、露店がズラリと並びます。
歩いていける所に住んでいながら、今日まで知りませんでした。
観光客はさほどいませんが、地元の人たちに見守られて、なんとあったかいお祭り♪
「ホイット、ホイット・・・」という掛け声が今も耳に残っています。
こうして子供にとってはここが故郷となり、親を京都に根付かせてくれるんですね。
[PR]
by micho7 | 2013-05-19 09:51 | 京都 | Comments(2)
2013年 05月 18日
グリル小宝で食べる特大オムライス♪
b0067283_6501993.jpg美術鑑賞の後、お友達に連れて行ってもらった岡崎の洋食屋さん「グリル小宝」。お勧めのオムライス(900円)を注文すると、なんと、このボリューム! 標準サイズの2~3倍はあり、ずっしり重い。一体、誰サイズなんだろうと思ったら、細身の若い女性が一人でオムライスをペロリッ♪ 味がしつこくないので、意外と食べられてしまうんです。

b0067283_6474815.jpg一緒に注文したチキンカツ(1300円)は両掌を広げたような特大サイズで、しかも骨付き。こんなの初めてみました。2人で分けてちょうどいいくらい。周りをみると家族連れが多く、1時半なのに行列ができる人気店でした。メニューにあった1900円というお子様ランチが気になりました。今度、子どもたちを連れて来て、注文したみよ~っと。→お店のHP
[PR]
by micho7 | 2013-05-18 07:11 | 京都 | Comments(2)
2013年 05月 17日
京都市美術館で「ゴッホ&リヒテンシュタイン展」開催中!
b0067283_17362412.jpg
b0067283_17401071.jpg現在、京都市美術館では、2つの絵画展が開催中です。1つは、自画像で有名な「ゴッホ展」。今回は、33歳のゴッホがパリで弟テオと暮らした時代に描かれた作品を中心に展示されていました。はじめは暗い色使いで風景画を描いていましたが、次第に色使いが鮮やかになり、大胆な点描画になっていく過程が見えました。中でもこの自画像は(→)、顔だけでも水色、橙、黄、緑など多くの色が塗られ、それでいて、陰影や表情をしっかり表す印象的な作品でした。
b0067283_17421785.jpg一方、「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」では、スイスとオーストリアに挟まれた世界で6番目に小さい国、リヒテンシュタイン侯爵家が所蔵する名画の数々を展示。光と影の魔術師レンブラントから、アニメ『フランダースの犬』で有名なルーベンスの絵画まで幅広くあります。特に、ルーベンスの「キリスト哀悼」は大きなキャンバスに描かれ、近づくと傷ついたキリストが浮き上がってくるよう、そして、その彼を抱く聖マリアのあまりの悲しげな表情に涙がこぼれそうになりました。(←)入口のこの演出もそうですが、タペストリーや家具、工芸品もあり、まるで高級ブティックにでも入ったみたいなゴージャス感。薄暗い中、小さな絵を照らすゴッホ展とは対照的でした。私にとっての名画鑑賞は、心の洗濯です♪
※ゴッホ展は5月19日まで。会期が残りわずかなので、ものすごい人でした。
※リヒテンシュタインは6月9日まで。こちらの方が空いていて、ゆったり鑑賞できました。

b0067283_21293363.jpg<美智代のちょっといい話>
オランダの首都アムステルダムには、ゴッホ美術館があります。今年はゴッホ生誕160周年で美術館が改修工事で一時閉館しているために、その期間で開かれました。実は、この別館がアムステルダムの国際空港にあり、常時、無料でゴッホの作品を見ることができるのです(←)。写真撮影もOK!乗り継ぎで時間待ちの人を絵画で楽しませてくれるなんて、素敵なアイデアです♪


[PR]
by micho7 | 2013-05-17 18:53 | 京都 | Comments(6)
2013年 05月 15日
葵祭、初夏の京都に華が咲く!
b0067283_16443980.jpg
b0067283_16341870.jpg京都三大祭の一つ、葵祭が五月晴れの下、盛大に行われ、初夏の都大路に華が咲きました。起源は飛鳥時代、欽明天皇の頃に凶作が続き、下鴨、上賀茂神社に勅使を送り、豊作を祈ったそう。シンボルのフタバアオイを頭に差し、カラフルな平安装束に身を包んだ約500人が京都御所から下鴨、上賀茂神社まで練り歩き、1400年の歴史が重なり合うのを感じました。

b0067283_16412974.jpg行列で最も注目されるのは、斎王代(↑)。斎王は巫女として神社に伝えた皇族の女性を言い、祭りに華を添えるため、毎年、京都ゆかりの未婚女性が斎王代を務めます。とは言え、京都出身なら誰でもなれる訳ではなく、老舗料亭や呉服店、会社経営者のお嬢様方ばかりです。この辺りも京都らしい。十二単を着て、気品がある方でした。

b0067283_16394340.jpgスタート地点の御所は日差しを遮るものがなく、じりじり肌を焦げるのですが、下鴨神社の参道は風が通り、初夏の清々しさを感じます。木々の緑が背景となり、風流傘や装束が京都の色がきれいです。
[PR]
by micho7 | 2013-05-15 22:29 | 京都 | Comments(4)
2013年 05月 13日
三大神社、青空に降り注ぐ藤の花 (滋賀)
b0067283_8344330.jpg
b0067283_1475063.jpg関西一有名な老藤が見頃だと聞き、滋賀県草津市の三大神社を訪れました。まるで空から降り注ぐような藤の花。上品な色合いはもちろん、強い日差しを遮ってくれ、涼しげです。藤棚の下に入ると、甘~い蜜の香りが漂い、多くの蜂が忙しそうに飛び回っていました。樹齢400年以上のノダフジ。年によって違いますが、最長では180㎝を超えるそうです。伝説によると、藤原氏の繁栄を祈願して植えたのが、織田信長の兵火で焼かれ、再び芽吹いたものが生き続けているのだと言います。

b0067283_14133570.jpgこれだけの藤棚を維持するのは、なかなか苦労のいることでしょう。藤古木保存会のはっぴを着たご年配の方々がお世話している様子を見ていると、大事にされていることが分かりました。

奥には、「一基正応四年(1291年鎌倉後期)」の刻銘があるという石燈籠があり、国の重要文化財です。藤の花と合わせて、忘れずにご覧くださいね。
emoticon-0157-sun.gif11月に私が企画&同行する「世界遺産ハワイ島のツアー」を予定しております。 詳細は、朝日サンツアーズ(梅田)の担当・渡辺さん TEL:06-6345-1447

emoticon-0155-flower.gif<美智代の豆知識> 草津の花「あおばな」を初体験!
b0067283_1459479.jpg境内で売られていた地元の特産品を見ると、あおばな茶、あおばな入りご飯、あおばなドーナツ・・・とあおばなのオンパレード!この地域限定で栽培されいるもので、草津の市花なのだそう。文字通り、青い花を咲かせます。血糖値上昇を抑える効果があるということで売出し中。メタボ気味の夫と一緒に藤の花を眺めながら食べました!


[PR]
by micho7 | 2013-05-13 08:34 | 滋賀 | Comments(2)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(90)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
お気に入りブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~他とは...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
家をつくることを考える仕...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
福井県・敦賀高校で世界遺産教..
at 2017-02-22 17:22
大阪市中央公会堂で、俳優・石..
at 2017-02-21 22:35
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-19 20:30
「近畿歴史まちづくりサミット..
at 2017-02-18 17:13
ACCUのコラムは、小笠原諸..
at 2017-02-17 14:35
ブログジャンル
画像一覧