<   2015年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
2015年 03月 31日
法隆寺の里でみ~っけ! ピンクに染まる三室山♪
b0067283_1534106.jpg
5月に企画中の「法隆寺を歩く現地講座」で、打ち合わせのため、斑鳩町にきました。
ちょうど桜シーズン、きっと斑鳩町にも名所があるはず!と地図を広げると・・・
ありました!!竜田川沿いの三室山です。
山全体がピンクに染まり、川沿いの桜並木と呼応して、春爛漫の景色♪
次々、車がやってきて駐車場はいっぱい。桜の下ではお花見が!!
斑鳩町の桜って印象がなかったのですが、新名所を見つけて心が華やぎました。
この日のランチは、もちろん、竜田揚げです(笑)
[PR]
by micho7 | 2015-03-31 19:33 | 奈良 | Comments(0)
2015年 03月 30日
岡崎疏水、トワイライトの桜模様
b0067283_1004641.jpg
27日に開花宣言をしてから3日しか経ってないのに、京都の桜はもう見ごろです♪
[PR]
by micho7 | 2015-03-30 18:59 | 京都 | Comments(0)
2015年 03月 29日
姫路城の桜の後は、アフリカ料理「ゼブラ」がお勧め♪
b0067283_18562933.jpgブルーインパルスを見た帰り、アフリカ料理が食べたくなり、ゼブラに行きました。ジンバブエ共和国&ガーナ共和国日本大使館で公邸料理人を務めたシェフのお店で、姫路在住時の私のお気に入り♪
b0067283_925137.jpg







b0067283_9261299.jpg
b0067283_9395953.jpgアフリカ料理と言うと、「え~、どんな料理?」と顔をしかめる方もいるかもしれませんが、もとはフレンチシェフで、公館のパーティー料理なども手掛けたそうなので、アフリカ料理を上品にアレンジしたフレンチと言った感じ。(↑)私が注文した「ベルベル人のお昼ご飯」は、前菜とスープがついて1370円。トマトベースのシチューをクスクスにかけて食べると、ほどよいトマトの酸味とスパイスの辛さが効いて、美味しい♪

b0067283_9391027.jpg5年前に来た時と同じものを注文しましたが、以前より、食べやすくなっているような気がしました。あっ、ちょうど1年前のこの日は、モロッコ旅に出発し、ベルベル人が日干しレンガで作った集落アイット・ベン・ハドゥに泊まったなぁ。何だかご縁を感じます。
b0067283_9373694.jpg絶品だったのが、ケニアやタンザニアで食べられるドーナツ「マンダジ」!!それほど甘くなく、サクサクの食感で、カルダモンという香辛料がほのかに香ります。これに生クリームにたっぷりつけて食べると、止まらなくなりそう。ランチに+300円でこのデザートと飲み物が付きました。リニューアルした姫路城を見た帰りに、アフリカ料理はいかがでしょうか?
[PR]
by micho7 | 2015-03-29 10:16 | 兵庫 | Comments(0)
2015年 03月 27日
京都でも桜の開花宣言です!
b0067283_8563671.jpg
今日は暖かい一日でしたねぇ。
京都でも桜の開花宣言がありました。平年より1日早く、去年と同じ日だそうです。
平安神宮近くの京都市武道センターの前を通ると、枝垂桜がすでに見ごろ。
思わず足を止め、学童に連れて行く息子と、桜パワーをチャージしました!
この先、暖かい日が続くということで、市内の桜も一気に開花しそうです♪
[PR]
by micho7 | 2015-03-27 19:56 | 京都 | Comments(0)
2015年 03月 26日
姫路城の修理完成をブルーインパルスが祝う♪
b0067283_9253120.jpg5年間の修理を終え、正式にベールを脱いだ姫路城。完成記念式典のオープニングに航空自衛隊のアクロバット飛行チーム・ブルーインパルスが祝賀飛行!まるでロケットが打ちあがったかのような猛スピードで白い煙を吐きながら青空を駆け昇り、四方に分かれていきました。これはサンライズ!!ゴゴゴ~!という轟音に興奮せずにはいられません。

b0067283_925459.jpg






「昭和の大修理」の完成記念として、1966年「姫路大博覧会」で行われて以来、49年ぶりの飛行です。

b0067283_9261140.jpg6基が円を書き、桜の完成♪ 後から写真を拡大すると、ブルーの機体に日の丸が!等間隔で飛ぶ姿はプロです。b0067283_934920.jpg
最後は、大きくハートを書き、宮城県松島基地に戻っていきました。
b0067283_92817.jpg
「平成の大修理」完成おめでとう!!青空から愛をこめて♪
[PR]
by micho7 | 2015-03-26 09:24 | 姫路城(兵庫) | Comments(0)
2015年 03月 25日
岩屋寺を歩く④ せりわり禅定に挑戦!
b0067283_13571872.jpg不動明王 の右隣に移動。一体、何が起こるんだろう?と思っていたら、先達さんが鍵を取り出し門の錠を外し、かんぬきを抜き、ギギギ~!!と扉が開きました。目の前に現れたのは・・・
b0067283_14160587.jpg
人ひとりがやっと通れる幅の岩の割れ目。ここが、せりわり禅定の行場でした。
滑り台のような急斜面で、苔と落ち葉で滑りやすく、じと~っとしています。
またもや、「えっ、ここを登るんですか!」
b0067283_14225032.jpg
ここまで来たら行くしかない!左右の凸凹に手をかけ、慎重に慎重に登っていきます。

b0067283_14361622.jpg登り終えて、ホッとしたのもつかの間、次の難関は鎖上り! ここにぶら下がるようにして、斜面を踏みしめて登っていきます。10年ほど前、吉野の奥にある前鬼の裏行場で山伏について修行したことを思い出しました。あの時も鎖で岩の斜面を上り、滝の裏の祠まで行ったなぁ。

b0067283_1528474.jpgそして、垂直に近いはしごを上り、岩の頂上へ。行きは上しか見ないのでさほど怖くないのですが、帰りは段差の距離感が分からず、恐る恐るで時間がかかりました。実は、新人アナウンサー時代、バンジージャンプの取材をさせられて以来、高所恐怖症気味なのです。

b0067283_15225118.jpg最後は再び鎖をつたって到着~♪

b0067283_15261225.jpg






頂上には、白山大権現が祀られていました。まずは、無事にここまで来させてもらったことを感謝して合掌。そして、あの 『一遍聖絵』を改めて思い浮かべました。へんろ道は修行の道。実際に歩いてみないと分からないことが山ほどあることに気付き、四国遍路の奥深さに感心しました。
056.gifせりわり禅定の鍵は納経所で貸し出しています。

b0067283_15414217.jpgさらに、私たちは道を少し引き返し、第44番札所 大宝寺へと続く道を歩いていくのでした。(おわり)

058.gif岩屋寺を歩くシリーズ
[1][2][3][4]

[PR]
by micho7 | 2015-03-25 15:09 | 愛媛(故郷) | Comments(0)
2015年 03月 24日
岩屋寺を歩く③ 三十六童子の行場とは?
b0067283_11272248.jpg
b0067283_1035632.jpg大師堂のさらに奥には、こちらも歴史を感じさせる仁王門があります。実は、こちらが表門。歩き遍路の場合、第44番札所 大宝寺からやってくると、この山門をくぐって境内に入ることになります。今回は、この逆のルートをたどるのです。

b0067283_11535115.jpgここから先は、苔むした木の根と砂利道が続く上り坂。さすが先達さんは、仙人のようにヒョーイヒョーイと登っていかれます。

ここで活躍するのが、納経所で買ってきたお札の束!
b0067283_11561763.jpg





お札には不動明王が従えている36童子の名前が書いてあり、一体一体に納めて歩くのです。でも、あれ? 明らかにお札は36枚以上あります。石像の台座には寄進した人の名前が彫られていて、どんどん増えていったらしいです。
b0067283_12162910.jpgb0067283_1111760.jpgb0067283_10594658.jpgb0067283_1102314.jpg
左から、光網勝童子、智慧幢童子、孔雀明王、大威徳明王。
前半は、仏具を持った可愛い童子さんたち、後半は武器を持った明王が多くなります。
b0067283_1134051.jpg
b0067283_11282147.jpg石仏は、道の脇にあるだけでなく、岩陰や崖の上にもあり、ちょっとした探検気分。納め忘れがないように、お札の名前と台座の名前を照合しながら、進んでいきました。

b0067283_11345171.jpg



1時間後・・・
真っ赤な不動明王さんの前でゴ~ル!!お札はすべて無くなりました。先達さんに、「三十六童子参りは、弘法大師の頃からあったのですか?」と質問すると、「さほど歴史は古くなく、大宝寺から岩屋寺に至るこの道を楽しく歩くための工夫ではないか」と話していました。確かに、このおかげで疲れを感じることなく、楽しくここまで来ることができました。「やった~!」と私がガッツポーズをとると、先達さんがこう言いました。「ここから先が今回のハイライトです」 えっ!
058.gif岩屋寺を歩くシリーズ [1][2][3][4]
[PR]
by micho7 | 2015-03-24 16:42 | 愛媛(故郷) | Comments(0)
2015年 03月 23日
岩屋寺を歩く② 四国へんろ第45番札所の見どころ
b0067283_12374178.jpg
b0067283_12512137.jpg先達さんのご案内で、久万高原町にある第45番札所 岩屋寺にやってきました。266段の石段を上りますが、木々が日差しを遮ってくれるので、心地よい運動です。以前、訪れた時は冬の寒い時期で、雪が積もっていたのですが、春先は気っ持ちいい♪ お遍路シーズンでもあり、本堂にはお遍路さんが大勢訪れていました。

b0067283_12531139.jpg本堂の脇にある大きな窪には、はしごがあり、上ることができます。


ほぼ垂直ではないかと思うくらいのはしごですが、上ると山深い様子が分かります。

b0067283_15145187.jpg本堂の隣には大師堂があります。1920年(大正9年)の建造で、2007年に国の重要文化財に指定されました。

b0067283_15421688.jpg

エンタシスの柱やギリシャ神殿を思わせる西洋風の意匠が素晴らしい♪

b0067283_15503016.jpgb0067283_15532763.jpgこのお寺は、実に見どころが多く、本堂に登ってくる途中にも仕掛けがありました。木の左奥の岩の割れ目に祠があり、中を覗くと、竜に乗って琵琶を弾くお大師様。西洋と東洋が融合したヘレニズム文化を思わせる石像に魅了されました。酒水大師と言うそうです。雨の日は岩を伝って滝のように水が落ちることからこう呼ばれると、先達さんが教えてくれました。

b0067283_16263017.jpgもう一つ、本堂に上がる手間のところに、「かなえる不動」と書かれた入口があります。中に入ると、本当に真っ暗。まったく光がないのです。壁を伝ってゆっくり坂を上っていくと、弘法大師が祀られているらしい。先達さんがロウソクを付けてくださり、初めてボーッとお姿が見えた。でも、すぐに消灯。真っ暗な中、ここにお参りすることにご利益があるのだそう。帰ってきてから気が付いた。「あっ、願い事するの忘れた!」
普通のお参りはここまでなのですが、今回の本番はさらにこの奥にあるのでした。 (つづく)

056.gif<美智代の豆知識> 岩屋寺の伝説とは?
修行をしていた弘法大師は、ここで神通力を身に着け、空中を自由に飛び回る法華仙人と出会います。彼女は、大師の修法に帰依して山を献上。大師は石と木に不動明王を刻み、木像は本堂に安置し、石像は岩山に封じ込め、山全体をご本尊にしたそうです。

058.gif岩屋寺を歩くシリーズ [1][2][3][4]
[PR]
by micho7 | 2015-03-23 12:37 | 愛媛(故郷) | Comments(0)
2015年 03月 22日
岩屋寺を歩く① 古岩屋荘、奇岩の修行を知る!
b0067283_17152376.gif
b0067283_1742031.jpg久万高原町での講演会の後、国民宿舎「古岩屋荘」に宿泊しました。翌日は、先達さんにへんろ道を案内してもらうことになっています。「ところで、どこを歩くのでしょう?」と私が聞くと、ロビーの壁を指さして、「あそこに登ります!(黄色矢印)」と先達さん。「え~っ、あそこですか!!」と思わず、目を丸くしました。時宗の開祖一遍上人を描いた絵巻『一遍聖絵』(国宝)に登場する「せりわり禅定」という行場です。

b0067283_16431487.jpgへんろ道は単に歩くというだけでなく、修行の道でもありました。朝になり、外に出てみると、あの壁の絵を思わせる奇岩の地形が目の前に立ちはだかります。ここは、国の名勝「古岩屋」で、四国カルスト県立自然公園のひとつです。

b0067283_1734835.jpg


「あの穴に何かいる!」と息子が言いました。燃え盛る炎を背にした岩屋寺のご本尊、不動明王です。看板にると、カヤの木の一本彫刻像で高さ4.9m、明王だけでも3mあるとのこと。どうやって、安置したんだろう。

b0067283_17254128.jpg



b0067283_17273662.jpg
近くに寄ってみると、はしごが途中で切れている。岩を登ってお参りするのかな?
いずれにしても、生半可な気持ちではお参りできない。お遍路の厳しさを知りました。
058.gif岩屋寺を歩くシリーズ [1][2][3][4]
[PR]
by micho7 | 2015-03-22 17:39 | 愛媛(故郷) | Comments(0)
2015年 03月 21日
「四国遍路は心の世界遺産なのだ」in 久万高原町で講演
b0067283_15133950.jpg暖かくなり、お遍路シーズン到来です。第44番札所 大宝寺と第45番札所 岩屋寺がある愛媛県久万高原町で講演させていただきました。「四国遍路」は四国4県が一丸となって四国初の世界遺産登録を目指しています。私は亡き母と2人で巡った思い出を語りつつ、1200年続いてきた素晴らしい地元の宝を守り、伝えていきましょう!と my お遍路スタイルでお話させていただきました。

b0067283_15104257.jpg
[PR]
by micho7 | 2015-03-21 22:04 | 活動 | Comments(0)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(91)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~他とは...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
建築設計事務所と建てる住...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
「富岡製糸場&国立西洋美術館..
at 2017-04-01 16:00
福井県・敦賀高校で世界遺産教..
at 2017-02-22 17:22
大阪市中央公会堂で、俳優・石..
at 2017-02-21 22:35
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-19 20:30
「近畿歴史まちづくりサミット..
at 2017-02-18 17:13
ブログジャンル
画像一覧