<   2015年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2015年 08月 31日
マレーシアの民族衣装で講演しました!
b0067283_1581973.jpg兵庫県の明石生涯学習センターで講演させていただきました。素敵なシニアのご婦人方が聴講されるということで、お正月にマレーシアで買ってきた民族衣装ニョニャ・クバヤを着ていきました。ブラウスの模様はすべて手縫いの刺繍、それに、現地で買ったビーズのサンダルを合わせました。世界遺産の取材のために訪れる海外ですが、衣装も食事も音楽も全身で楽しむのが私流。旅の楽しさが伝わったら、うれしいです♪

b0067283_15131472.jpg
[PR]
by micho7 | 2015-08-31 15:13 | 活動 | Comments(2)
2015年 08月 28日
故郷の経済研究会で講演しました!
b0067283_10345651.jpg故郷の愛媛県・八幡浜経済研究会で講演させていただきました。棚田やブドウ畑が文化的景観として世界遺産に登録される中、地元のミカン畑の美しさにも気づいてほしい!と思いました。また、四国で唯一のトロール漁船が今も操業する場所。先日、長崎の産業革命遺産を訪れた時、明治期にイギリスから導入された底引き網漁と知り、時代を物語る貴重な産業遺産だと思いました。現役のうちに、もっと価値を高めて継承してほしいです。地域創生の鍵は、地元が培ってきた唯一のものに誇りをもつこと。私は世界遺産でそれを学びました。
[PR]
by micho7 | 2015-08-28 10:30 | 活動 | Comments(0)
2015年 08月 27日
ミラノ万博リポート(後編) 「Tree of Life」の輝き♪
b0067283_1632572.gif
b0067283_1173926.jpgイタリア館まで歩いてきました。何やら、大勢の人が湖の周囲に集まっています。この中央にあるのが、シンボル「Tree of Life(生命の樹)」です。私も畔に座って待っていると、突然、音楽が流れ出し、それに合わせて光り出すTree of Lifeと高く上がる噴水。その艶やかさと多彩さにたちまち目が釘付けです。20分ほど続いたでしょうか、その間、同じ演出はひとつもありません。「これを見るだけでも価値がある。夜に来てよかったぁ♪」と心から思いました。
056.gif<お役立ち情報>ちなみに、会場内の数か所に給水場が設けられています。ガス入りとガスなしの2種類の水がでますので、ペットボトル持参でいくとよいですよ。物価は高いですので、水のサービスは有難かったです。058.gifミラノ万博リポート[前編][中編][後編]
[PR]
by micho7 | 2015-08-27 16:30 | 番外編 | Comments(2)
2015年 08月 26日
ミラノ万博リポート(中編) パビリオンを見て歩き♪
b0067283_2358235.jpg
予定になかった万博に来たので、日本館以外はリサーチ不足。
列ができている館が人気のようですが、140ヵ国もあるとどこに入っていいやら・・・
中に入らなくても、各国の建物を見ているだけでも個性的で面白いです。
(↑)イスラエルは、壁が畑になっていました。広大な農地を想像します。

b0067283_025863.jpgb0067283_021061.jpg
黄金の麦の波を表しているという中国館、マレーシア館はココナッツでしょうか。

b0067283_043560.jpgb0067283_06231.jpg
アメリカ館は落ちてくる水で文字や模様をデザインする涼しげな演出で、中に入るとすぐにオバマ大統領がモニターでご挨拶。エクアドルの外壁はカラフルなビーズで彩られてハイセンス♪

b0067283_025728.jpgb0067283_046464.jpg
トルコ館のチューリップ柄がきれいでしたし、クエート館の前には砂が盛られて砂漠を表現、建物はアラビア湾で使われているダウ船なのだそう。

b0067283_053571.jpg空いていたスロバキア館に入りました。館内は狭いですが、立体ゴーグルをかけた途端、周囲が宮殿の部屋に早変わり♪ スピシュスキー城やドブシンスカ氷穴など、この国の世界遺産を訪れたことがあり、スタッフの方々と話が盛り上がりました。並ばず見られる展示は、気軽に出入りできてよいです♪


b0067283_0112881.jpg子どもたちが気に入ったのは、エストニア館の屋内ブランコです。「食」テーマの展示は、子どもには高尚すぎて退屈してしまいます。やはり、体を動かすものが面白かったようです。他にも、子ども向けの展示はありましたが、9時半ごろまでには終わってしまい、夜はお酒と音楽で楽しむ大人の時間になりますので、夜チケットで入ったら、まずは楽しんでから食事をした方がよいと思いました。
b0067283_0115773.jpg
058.gifミラノ万博リポート[前編][中編][後編]
[PR]
by micho7 | 2015-08-26 23:57 | 番外編 | Comments(0)
2015年 08月 25日
ミラノ万博リポート(前編) 夜チケットでgo!!
b0067283_20412225.jpg
b0067283_20354744.jpg8月8日(万博99日目)18:35 地下鉄(M1)の終点で降り、地上に出ると、目の前が万博の入口です。19:00から入場できる夜チケットのお客さんが列を作っていました。夜は5ユーロで入れますから、この時間を狙っている地元の人は多いのですね。しかも、今年は猛暑で、涼しくなってから動くのが断然、効率的!セキュリティーが厳しく、15分前から入場開始。
b0067283_20381993.jpg19:05 敷地内に入りました。しかし、本当の勝負はここから。まずは日本館を目指したのですが、会場は東西に長く、地下鉄の駅は西端、日本館は東端で真逆なのです。10分ほど歩いてやっと建物が見え、参加140ヵ国の旗が両側に並ぶメーンストリートを歩き、日本館に着いたのは19:45を回っていました。日本だったら、動く歩道か何か、あったりするんだろうなぁ。

b0067283_0252421.jpg日本館の前には、47都道府県名が書かれた酒樽が飾ってありました。さすがは、「食」がテーマの万博!どんな展示なのだろうと思ったら、すでに入館は締め切られていました。スタッフの方に聞くと、人気が高く、18:30~19:00頃には締め切ってしまうとのこと。それでは、夜チケットでは絶対に無理。知っていたら、他の所に入っていたのに・・・
b0067283_030339.jpgフードコートは、21:30まで食べられます。私が選んだのは、マグロ丼とみそ汁のセット。天草の近大マグロと日本米で作られ、オール日本人スタッフで、まるで日本に帰ったみたい♪ 久しぶりの和食に子どもたちも大喜びでした。ただし、このセットが20ユーロ(2760円)、CoCo壱番屋のとんかつカレーが12ユーロ(1656円)には驚きました。お客さんはいっぱい入っていましたよ。
さて、お腹がいっぱいになったところで、他のパビリオンを見学で~す!!
※1ユーロ≒138円(2015.8.22現在)

056.gif<美智代のワンポイント> チケット売り場b0067283_19153935.jpg
スフォルツァ城前の広場にEXPOのチケット売り場がありました。大人は39ユーロ、日付を指定すると34ユーロです。65歳以上のシニア料金、学生料金、障害者料金、大人と子どもがセットになったファミリー料金、2~3日券の設定もあります。私が購入したのは、19:00~入場できる夜のチケット5ユーロ。23時まで開いているので、エッセンスは十分に味わえます。しかも、夜は涼しい!!地下鉄で手軽に行ける場所にありますので、ミラノ滞在の夜に組み込んでみてはいかがですか?

058.gifミラノ万博リポート[前編][中編][後編]
[PR]
by micho7 | 2015-08-25 19:11 | 番外編 | Comments(2)
2015年 08月 24日
北イタリアの世界遺産旅に出かけました♪
b0067283_18254450.gif
8月前半の2週間は、北イタリアを旅してきました!
まずは、人気の山岳リゾート・ドロミーティの景色です。
アルプス山脈は涼しく、雄大な眺めに心が洗われる~!!
でも、山を下りた途端に35度を越える猛暑に襲われ、グッタリ。
夜にヴェローナでオペラ鑑賞、ミラノでもナイトチケットで万博を楽しみました。
最後は、一面のブドウ畑を見ながらバローロ・ワインで締めくくり。
とっても疲れましたが、たくさんの出会いもあり、充実した夏休みになりました。
訪れた世界遺産は、11ヵ所増えて、395ヵ所になりました。
400ヵ所まであと5つ。来年には目標を達成できそうです♪
[PR]
by micho7 | 2015-08-24 18:25 | 世界遺産紀行 | Comments(2)
2015年 08月 23日
夏の平泉紀行まとめ
b0067283_14185863.jpg18:55 JAL大阪行の最終便でいわて花巻空港を飛び立ちました。講演会を無事に終え、緑が瑞々しい平泉を見ることができました。何より、中尊寺ハスの美しさは忘れることができません。ちょうど、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録が決まった時に橋野鉄鉱山に行けたのはラッキーでした。

7月はじめは涼しく、岩手を訪れるにはいい時期だと思いました。
今回の旅で知り合いが多くできたので、岩手が急に近くなりました!!
また訪れる日まで・・・See you soon ♪
[PR]
by micho7 | 2015-08-23 14:18 | 平泉(岩手) | Comments(0)
2015年 08月 22日
<寄り道> 4年が経った被災地は今も・・・
b0067283_16474638.gif
b0067283_16543995.jpg橋野鉄鉱山の世界遺産登録が決まった翌日、「釜石市役所前に300人が集まり、登録を祝う行事があった」とラジオで言っていました。その数時間後に訪れると、「祝世界遺産登録決定!」の幕が張られていました。ふと、青い表示(黄色矢印)に目をやると、東日本大震災で津波で浸水したラインを示していました。

b0067283_16593430.jpg海岸線を走ると、クレーンやブルドーザーが盛り土や造成する様子が目立ちます。あまりに広範囲で、言葉を失いました。
b0067283_171953.jpg現在も仮設住宅で暮らす方々。私が行った時は、生協の移動店舗が来ていて、人が集まっていました。震災の1年後、陸前高田を訪れましたが、4年を経ても生活は変わってないのですね。橋野鉄鉱山の世界遺産登録は、町を支えた鉄の歴史を象徴し、明るい話題になったことでしょう。

関西で、「明治日本の産業革命遺産」と言えば、多くは軍艦島が紹介されますが、
釜石市の橋野鉄鉱山にも興味をもってもらうよう講座でお話しようと思います。
[PR]
by micho7 | 2015-08-22 16:44 | 平泉(岩手) | Comments(0)
2015年 08月 21日
<寄り道> 鉄の歴史館、世界遺産登録記念品あり
b0067283_1574890.jpg橋野鉄鉱山から海岸に出ました。こちらが町の中心部です。訪れたのは、高台にある「鉄の歴史館」。祝世界遺産登録決定!という横断幕が掲げられていました。地域の鉄の歴史をより深く学べる場所です。

b0067283_18401921.jpg




まずはシアターで、原寸大に復元された橋野高炉が登場し、大島高任(たかとう)の解説で、音と光と映像で稼働の様子を再現します。遺跡ではイメージでしか理解できなかったのが、大きさも燃える様子も具体的に分かります。

b0067283_1971331.jpgシアターの次は展示です。高炉に風を送ったフイゴです。水車の動力と連動し、フイゴが上下に動きます。

b0067283_18421836.jpg



レンガと石の高炉の外側には、板葺の覆屋がありました。フイゴを動かす水車、木炭や鉄鉱石を背負って運んだ階段などがよく分かります。
b0067283_15143031.gif
b0067283_18464480.jpg当時を再現した模型の数々で、橋野鉄鉱山が見えてきました。歴史館は世界遺産ではありませんが、遺跡とセットで訪れた方がより理解が深まると思いました。

b0067283_18481979.jpg
当初の予定では、ここに来ることは考えていませんでした。
ラジオで世界遺産登録記念キーホルダーを先着200名にプレゼント!と聞いたから。
職員さんの手作りだそうです。高炉のモチーフですね♪ 地元の喜びが伝わりました。
[PR]
by micho7 | 2015-08-21 15:07 | 平泉(岩手) | Comments(0)
2015年 08月 20日
橋野鉄鉱山、現存最古の洋式高炉跡を見学!
b0067283_1475193.jpg
b0067283_14465212.jpg13:00 釜石市の山間部にある橋野鉄鉱山にやってきました。前日(7/5)の夜、世界遺産委員会で「明治日本の産業革命遺産」の登録が決まったばかり。23の構成資産のうち、最も北に位置するのがこの遺跡です。しかし、壊れた3基の高炉跡が山中に点在するだけで、明治初期の賑わいは全く残っていません。地元で唯一のガイド、三浦さんに説明してもらいました。

江戸時代末期、欧米列強が開国を迫るようになりました。それに伴い、大砲や軍艦などを作るためには良質で大量の鉄が必要。そこで、1858年、盛岡藩の大島高任(たかとう)が洋式高炉を作り、この地で製鉄業に成功しました。それまでは、砂鉄による「たたら製鉄」で作られていました。山口県の大板山たたら製鉄遺跡などがそう。
b0067283_15155867.jpgとは言え、この石積みだけで高炉は想像できません!図によると、本来7.9mの高さがあり、外側は花崗岩、内側は耐火煉瓦で出来ていました。一番上から木炭と鉄鉱石を2:1の割合で交互に入れ、左側の送風管からフイゴを使って風を送り、1200℃まで温度を上げます。フイゴは水車を使って動かしたため、すぐ近くに川が流れ、水路で水を引きました。こうして鉄が溶けるのです。その石組の下の部分が残っていると言う訳です。花崗岩は重さが2トンほどあり、この山で切り出されました。写真の木片は(→)、石組を固定するためのもので、鉄でできていました。

b0067283_16472016.jpgさらに、炉の中には、鉄が溶けてたまった炉底滓(ろていさい)という部分があり、ここに磁石を置くと、磁力が発生します。こうした実験を交えて説明していただいたので、子どもたちも興味がもてたと思います。

なぜ、こんな山中に製鉄所が?と思いましたが、資源である鉄鉱石、木炭、水、花崗岩が豊富だったからですね。
b0067283_14262684.jpg
ここには、3基の高炉跡があり、1高炉につき30~50日稼働。年間938トン(大型ダンプカー110台分ほど)を生産していました。1基が銑鉄を作り終えると、メンテナンスのためお休みするため、複数必要なのです。奥が一番高炉、手前が二番高炉。あれ、なぜ石の色が違うのでしょう。白い方の一番高炉は東日本大震災で崩れかかり、解体して積み直しました。その際、きれいに洗ってしまったのだそう。また、石積みは高炉閉鎖後、地元の人が自宅に持ち帰り、軒下の雨打ち石にしたらしい。
b0067283_14311265.jpg

b0067283_17195552.jpg遺跡全体の案内図です。高炉の他に、大工長屋や鍛冶長屋、御日払所などがありましたが、今は看板があるのみ。1000人が働き、牛150頭、馬80頭、家族を入れると3000~5000人が暮らしていました。高炉は24時間稼働で、2交替制。唯一、山神社の鳥居がオリジナルで残っていました。「山神」と書かれた石碑は明治2年のもの、隣には馬頭観音の石がありました。

b0067283_1721854.jpg世界遺産の登録範囲はここだけではありません。この上に露天掘りの鉄鉱石採掘場跡と運搬路跡があります。ただし、国有林で許可がないと入ることができません。

私はこれまで、フェルクリンゲン製鉄所(ドイツ)エンゲルスベリの製鉄所(スウェーデン)などを見てきました。これらは単体で世界遺産になっているだけあって、ほぼオリジナルのままで残っています。これらと比較すると、かなり物足りない気がしてなりません。だから23資産がひとまとめになっているのですが・・・。ガイドの三浦さんの説明のおかげで当時の様子が蘇り、産業が飛躍的に進歩したひとつの時代を伝える意義も感じました。
◆明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業(全23資産)◆

b0067283_1927155.jpg056.gif<美智代のワンポイント> ガイドは必須!
橋野鉄鉱山遺跡に行く手前にインフォメーションセンターがあり、映像や展示で事前勉強をしてから行くことをお勧めします。
b0067283_19254790.jpgさらに、1人100円でガイドをしてもらえますので、依頼する方が断然、理解できます。これ以外でも、人が集まれば案内してもらえそうでした。
私が訪れた時は、ガイドは三浦さんお一人でしたが、今は世界遺産登録され、もう少し、人数や時間が増えているかもしれませんね。現地にお問い合わせください。


[PR]
by micho7 | 2015-08-20 14:07 | 平泉(岩手) | Comments(0)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは10年目。現在は、夏休みに訪れた小笠原紀行で~す。
by micho7
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(91)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(26)
(25)
(23)
(23)
(21)
検索
最新のコメント
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:41
★ tad64さん、コメ..
by micho7 at 14:40
真夏の新年を迎えられたん..
by A-HIMEKKO at 16:18
あけましておめでとうござ..
by tad64 at 21:58
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:06
ナイトツアーで珍しいもの..
by A-HIMEKKO at 23:49
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 11:03
ジょーズの共食いに笑った..
by A-HIMEKKO at 11:14
★ A-HIMEKKOさ..
by micho7 at 14:55
小笠原諸島 ↓ そう..
by A-HIMEKKO at 17:45
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~他とは...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー
家をつくることを考える仕...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
最新の記事
「富岡製糸場&国立西洋美術館..
at 2017-04-01 16:00
福井県・敦賀高校で世界遺産教..
at 2017-02-22 17:22
大阪市中央公会堂で、俳優・石..
at 2017-02-21 22:35
宇治茶シンポジウム in 京..
at 2017-02-19 20:30
「近畿歴史まちづくりサミット..
at 2017-02-18 17:13
ブログジャンル
画像一覧