人気ブログランキング |
<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2011年 01月 30日
姫ちゃんの旅⑨ 厳島神社でお宮参り
b0067283_1241838.jpg旅の最後は、安芸の宮島、厳島神社!
お宮参りは世界遺産の神社と決めていて、まだ済ませてなかったので、ちょうどよい機会。女性の神様なので、なお良いという訳です。
ちなみに、お兄ちゃんは春日大社
b0067283_12441318.jpg








拝観料を払い、中の受付で申し込みます。祈祷料は3000円からで厄除けなどと一緒に行います。お正月で大勢でしたが、名前を呼ばれるのを耳を済ませて聞き、黄金の玉串で一人ずつ祓われ、お神酒をいただいて終了。
b0067283_16323119.jpg(→)お札やお守りの他に、宮島が発祥の地とされるしゃもじに今年の干支うさぎが描かれたものや、海の神らしくスルメもいただきました。
「健やかに成長してくれますように」というのが一番の願い。子どもができるまでは当たり前のことと思っていましたが、今はこの言葉にこめられた気持ちが分かります。寒さが身を清めてくれ、
2011年をすっきりした気分でスタートしました。
by micho7 | 2011-01-30 12:05 | 広島
2011年 01月 29日
姫ちゃんの旅⑧ 熊本城、清正流の石垣にあっぱれ!
b0067283_17842100.jpg
b0067283_10175257.jpg熊本城のさらなる見所は、ずばり「石垣」です!西南戦争で焼けることなく、明治政府に取り壊されることもなく、ほとんどがオリジナルのまま。特に、(↑)石垣の上方に急な反りをつけ、敵が登れないようにした造りを清正流と言います。姫路城では、扇の勾配と呼んでいました。(→)角は石の長短を交互に積んだ算木積み。姫路で学んだ知識が役に立ちます。

b0067283_1018241.jpg(←)ただ、姫路城と違うのは、空堀であるということ。敵の攻撃を防ぐに十分な幅と深さがあり、容易には攻め込めないぞ!と威嚇されているみたい。まさに戦う城でした。

b0067283_10185340.jpg帰りには、お城を守るお侍さんと遭遇しました。

b0067283_10191394.jpg「お守りいたす!」と私たち親子の隣で槍をかざしてくれたのですが、息子も負けじと、「えぃ、やぁ~!」と襲い掛かります。おいおい、この人は味方なのに…(汗)。

午前中で終えるつもりが、午後2時までかかりました。見所の多さに、人気の秘密、その三、み~っけ!城郭の面積は98ha(東京ドーム21個分)あるんです。(←)これは、お城の外で見つけた加藤清正像。烏帽子を目深にかぶり、あごひげを蓄えてちょっと怖そう。大河ドラマでしか知りませんでしたが、すごい人だったのですね。
by micho7 | 2011-01-29 11:35 | 日本(それ以外)
2011年 01月 27日
姫ちゃんの旅⑦ 熊本城、宇土櫓は第三の天守
b0067283_12561494.jpg天守閣と見間違えそうな立派な建物。これは城を囲む石垣の角に建てられた宇土櫓(うとやぐら)です。3層5階地下1階、二等辺三角形の入母屋屋根がシャープな印象を与えます。外側からは、大天守や小天守を従えているように見え、第三の天守と呼ばれるほど。
b0067283_12592992.jpg西南戦争で天守閣や御殿が焼失する中、生き残った建物で、国の重要文化財。中はもちろんオリジナルです(→)。
櫓がこれだけ凄いのだから、天守閣はいかばかりだろうと想像しながら、窓から大天守を眺めました。しかし、ここでトラブル発生です。息子が迷子になってしまいました。大慌てで探したものの姿がなく、マイク放送してもらうことに…。結局、私たちを見失った息子は駐車場まで戻りましたが、誰もいなくて、入り口の自動販売機でチケットを買おうとしているのを私が見つけました。大泣きしているかと思いきや、「ママが迷子?」とケロッとして言います。これが海外だったら?と思うと、背筋がぞっとしました。

by micho7 | 2011-01-27 18:41 | 日本(それ以外)
2011年 01月 26日
姫ちゃんの旅⑥ 熊本城、御殿あでやか!
b0067283_164103.jpg熊本城の入場者数を全国1位にした大きな理由は、築城400年記念の目玉として復元された本丸御殿の公開です。ピカピカに磨かれた床は滑りそうなくらいきれい。ここは(→)、御殿で最も格式の高い昭君之間。客人をもてなす部屋ということで、ふすまや壁、天井に至るまで豪華な絵が描かれ、ため息がでるほどでした。

b0067283_1664382.jpg(←)こちらは、大御台所。床に掘られた2つの溝は食べ物を温める囲炉裏で、煙が上がってもいいように天井は吹き抜けです。当時の食事も再現されていて、予約すれば食べられます。それしても、太くて立派な木材が使ってあるのに驚きます。使用したのはすべて国産で、そのうち半分は熊本県産。今時、これだけの復元を成し遂げるなんて、気合いが入っているなぁ。熊本県民は、鼻が高いだろうと思いました。

b0067283_167836.jpg工事を記録した映像には見入ってしまいましたし、木組みの工法を触って学べるコーナーや城の歴史をクイズにしたパソコンコーナーは息子も夢中。さらに良かったのは、無料でベビーカー(15kgまで)の貸し出しがあり、そのまま御殿内を見学できること! ベビーカーは卒業しているのですが、乗りたい!とせがまれ、借りることに…。走り回られるよりいっか。人気の秘密、その二、み~っけ♪

by micho7 | 2011-01-26 23:14 | 日本(それ以外)
2011年 01月 25日
姫ちゃんの旅⑤ 熊本城、日本一人気の城 (熊本)
b0067283_18534611.jpg
b0067283_190781.jpg2008年度の入場者数が200万人を超え、首里城を抜いて全国1位になった熊本城。その人気の秘密を探りに、雪の阿蘇山を通って熊本にやってきました。1607年、加藤清正が築いた平山城で、日本三名城の一つ。天守閣へは、「闇がり通路」と呼ばれる地下通路を通っていきます(→)。視界から天守が消え、どこに出るのだろうかと不安になるような仕掛け。それだけに、本丸に出て仰ぎ見た城の立派さにハッとします。
残念ながら、西南戦争で全焼したため、中はコンクリートでの再建ですが、場内にお殿様やお侍さんを配置して、盛り上げてくれます。(↑)一緒に写っているのは、殿の影武者さん。息子が近づくと、「よう参ったの~!」と声をかけてくれました。人気の秘密、その一、み~っけ♪
※日本100名城は、これで1/3を訪問。残りもマイペースで頑張ります!
by micho7 | 2011-01-25 15:44 | 日本(それ以外)
2011年 01月 22日
姫ちゃんの旅④ 岡城、「荒城の月」を聞きながら (大分)
b0067283_1492350.jpg
b0067283_12304164.jpg竹田市の岡城にやってきました。人里離れた静かな山頂。木々は枯れ、お正月の寒波で寒々としています。こらえながら登っていくと、欧州の城を思わせる四角い石垣の大手門が現れました。さらに、崖のほうに出ると、目の前には回りこむように築かれた西の丸の石垣が谷の向こうに現れ、右手には三の丸から伸びる階段状の石垣(↑)が長く続いていました。なんと大きな城!そして、縄張の美しさ!!

b0067283_123161.jpgさらに、本丸の方へ歩いてくと、ここが舞台として「荒城の月」を作曲した滝廉太郎の像もありました。特にここからの見晴らしはよく、山が幾重にも重なり、哀愁ただよう歌のイメージに合っています。と思ったら、下の道路からそのメロディーが!音楽を奏でる道路があるのです。

(↑)城は、2本の川に挟まれた標高325mの天神山山頂にあり、1594年に中川秀成が改修しました。別名「臥牛城(がぎゅうじょう)」。山頂に横たわる石垣は、まさに臥せる牛でした。
by micho7 | 2011-01-22 13:11 | 日本(それ以外)
2011年 01月 17日
イクメン日記⑪ 寒波到来、雪だるまは家族の結晶
b0067283_1112069.jpg九州リポートの途中ですが、季節の話題を一つ。
昨日はとても寒かったですね。朝、起きると一面の雪景色。突然、夫が「雪だるまを作ろう」と言い出しました。でも、雪は片栗粉のようにパサパサで、薄くしか積もっていません。無理だと思いましたが、「今しかない!」と意欲満々です。
b0067283_1114750.jpg外の気温は0℃。黙々と作る夫に息子が加わり、2時間後。少し砂が交じってますが、大きなだるまができました。

b0067283_11171232.jpg家の前に置き、目はキウイ、鼻はニンジン、口はネギでデコレーション。最後だけ加わった私に、「君はいいとこどりダネ」と夫。ズボンのお尻を破ってまでも作った雪だるまは、愛情たっぷりでした♪

by micho7 | 2011-01-17 12:45 | イクメン日記
2011年 01月 15日
姫ちゃんの旅③ 原尻の滝、まるでナイアガラ (大分)
b0067283_1212699.jpg竹田の岡城へ行く途中、緒方町にある原尻の滝に寄りました。日本の滝百選の一つで、「東洋のナイアガラ」と自称しています。近くの道の駅に車を止め、少し歩くと、見えてきました!半円形の岩肌を豪快にすべる滝の列。長さは120m、落差は20mあります。本物のナイアガラそっくり♪
右上隅の2人連れと比べてみると、なかなか大きい。滝の音がより迫力を増します。
しかも、つり橋を使ってグルリと滝を一周できるんです。※本物は大きすぎてできません。
おとその飲みすぎでしょうか、寒波の下、川原で裸になって写真を撮っている人もいました。
水量が少なかったのが残念でしたが、梅雨の時期は、本物に負けない景色だそうです。
by micho7 | 2011-01-15 12:10 | 日本(それ以外)
2011年 01月 14日
姫ちゃんの旅② 臼杵石仏はトイレの神様?(大分)
b0067283_14395735.jpg臼杵の観光名所といえば、石仏です!どこにでもありそうな田舎の山中に、平安時代後期から鎌倉時代にかけて崖に彫られた仏像が60余り。うち59体が1995年に石仏としては全国初の国宝に指定されました。
迫力ある大きさと圧倒的な数、奈良の仏像にも劣らない精巧な造りとラインナップにひれ伏すばかり。

b0067283_10394622.jpgでも、なぜここにあるのでしょう?伝説によると、奈良時代、炭焼小五郎と呼ばれた人物が、娘の供養に中国・天台山にお金を納め、お礼にやってきた僧がした祇園精舎の話をきっかけに、都から木彫り職人を招いて造らせたのだそう。石仏自体は中国や東南アジアを思わせますが、表情やバラエティさは日本的。(←)中国人風の彫刻も。

b0067283_10402620.jpg4ヶ所ある仏像群の最後を飾るのが古園石仏(↓)。中央の大日如来像は首がそっくり取れていたのを修復したのです。この前には「祈願箱」が置かれ、願い事を入れると僧侶が祈願してくれます。すぐさま、「トレイでウンチができるように!」と書きました。お恥ずかしい話ですが、息子は4歳にもなって、まだできません。実は、この見学の最中にも…。
b0067283_10405612.jpg
それから5日後、なんとトレイでできたではありませんか!もしかして、トイレの神様?
石仏の前でひどく叱られた息子に力を貸してくれたのかも。とにかく感謝です!
by micho7 | 2011-01-14 12:03 | 日本(それ以外)
2011年 01月 13日
姫ちゃんの旅① 目指すは臼杵!
b0067283_14301228.jpg祖父母や親戚との初対面を果たした咲姫ちゃんには、もう一つ、新しい経験が待っていました。それは、私たち家族のテーマでもある「旅」!!
実家のある八幡浜港からフェリーに乗れば、九州・大分がすぐそこ。臼杵まで2時間25分、別府までは2時間50分。


b0067283_1438678.jpgそこで、九州に渡り、中国地方を通って兵庫に帰ることにしました。幼い頃は高速道路が伸びてなく、フェリーで大分に行くのが家族旅行の定番でした。それが今度は、自分の子供と乗るなんて…。一番の楽しみだったうどんは、自動販売機に変わっていましたが、岸を離れていく風景を見つめる息子に、当時の私を見ているようでした。目指すは臼杵、ゴゴッゴー!

by micho7 | 2011-01-13 23:43 | 日本(それ以外)



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所以上。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは11年目。今年も頑張りま~す。
by micho7
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(93)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(28)
(26)
(23)
(23)
(21)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~撤去前...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト[...
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー おい...
Coo Planning...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
その他のジャンル
最新の記事
世界遺産写真展、島根県大田市..
at 2017-12-31 19:12
第4回世界遺産サミットが石見..
at 2017-11-09 18:12
世界遺産写真展、島根県大田市..
at 2017-09-08 10:00
ふるさと納税㉑ 抹茶と茶碗等..
at 2017-09-01 10:36
夏休みは、建国150周年のカ..
at 2017-08-15 13:04
ブログジャンル
画像一覧