タグ:日本の祭り ( 16 ) タグの人気記事
2014年 09月 14日
岸和田だんじり祭、スピードと勇ましさは天下一!
b0067283_8264472.jpg
けんか祭りの異名をとる岸和田のだんじり祭を見に行きました。
テレビで豪快に角を曲がるシーンが有名で一度は見たい祭りでした。
岸和田駅周辺は、子どもや大人はもちろん、赤ちゃんもお揃いの祭り衣装で人がぞくぞく。
多くの店が出て祭りムード一色ですが、初めての祭りに私はちょっと緊張気味。
一体、いつだんじりが来るのだろう・・・とうろうろしていると、突然、「さがってさがって」の声。
えっ、どこ?と見回す間に、「ソーリャ、ソーリャ」の掛け声と共に凄い勢いで人々が現れ、
あっという間に目の前を通り過ぎていきました。あまりの勇ましさに茫然―。
優雅に巡行する京都の祇園祭に慣れているだけに驚きもひとしお。
しかも、上に乗っている大工方(だいくがた)がうちわを広げてぴょんぴょん飛び跳ねます!
日本のお祭りって個性的で面白いです♪

058.gif<美智代の豆知識> 岸和田だんじり祭りの起源
1703年、岸和田藩主・岡部長泰(おかべながやす)が五穀豊穣を願って始めた祭礼と言われています。高さ約4m、重さ約4トンのだんじりが猛スピードで角を曲がるシーンが見どころ。9月の2日間行われます。


[PR]
by micho7 | 2014-09-14 23:46 | 大阪
2014年 07月 17日
祇園祭2014、山鉾巡行は“京都の華”
b0067283_16425685.jpg
b0067283_1633513.jpg今日も京都は暑かった! 祇園祭の華、山鉾巡行が盛大に行われました。23基の山鉾が、東山を背景にお囃子を奏でながら優雅に近づいてきます。通りを曲がる「辻回し」が成功すると、わ~っという歓声とともに拍手が沸き起こりました。(←)10時ごろには、こんなに立派に彫刻された氷アートも、お昼すぎには溶けて粉々に・・・。

b0067283_16464318.jpg






毎年、トップバッターを務める長刀鉾だけが、お稚児さんを乗せています。今年は24日に後祭が行われ、最後尾を150年ぶりに復活した大船鉾が飾ります。ぜひ、見に来なくっちゃ♪
[PR]
by micho7 | 2014-07-17 15:55 | 京都
2013年 05月 15日
葵祭、初夏の京都に華が咲く!
b0067283_16443980.jpg
b0067283_16341870.jpg京都三大祭の一つ、葵祭が五月晴れの下、盛大に行われ、初夏の都大路に華が咲きました。起源は飛鳥時代、欽明天皇の頃に凶作が続き、下鴨、上賀茂神社に勅使を送り、豊作を祈ったそう。シンボルのフタバアオイを頭に差し、カラフルな平安装束に身を包んだ約500人が京都御所から下鴨、上賀茂神社まで練り歩き、1400年の歴史が重なり合うのを感じました。

b0067283_16412974.jpg行列で最も注目されるのは、斎王代(↑)。斎王は巫女として神社に伝えた皇族の女性を言い、祭りに華を添えるため、毎年、京都ゆかりの未婚女性が斎王代を務めます。とは言え、京都出身なら誰でもなれる訳ではなく、老舗料亭や呉服店、会社経営者のお嬢様方ばかりです。この辺りも京都らしい。十二単を着て、気品がある方でした。

b0067283_16394340.jpgスタート地点の御所は日差しを遮るものがなく、じりじり肌を焦げるのですが、下鴨神社の参道は風が通り、初夏の清々しさを感じます。木々の緑が背景となり、風流傘や装束が京都の色がきれいです。
[PR]
by micho7 | 2013-05-15 22:29 | 京都
2013年 04月 14日
京都の奇祭、今宮神社の「やすらい祭」をウォッチ!!
b0067283_1663295.jpg今宮神社で毎年春に開催される「やすらい祭」に行ってきました。「太秦の牛祭」、「鞍馬の火祭」と並ぶ京都の三奇祭の一つ、国の重
要無形民俗文化財に指定されています。桜の花が散り始める頃、悪霊や疫病も飛び散るという言い伝えから、着飾って歌や舞で花の精を鎮めるというのが祭りの意味で、平安時代にに始まりました。

b0067283_16403230.jpgb0067283_1641151.jpgてっぺんに花枝が飾られた大きな傘を中心に赤い衣装の鬼たちや子どもの囃子方が続きます。(←)境内の広場で鬼の舞を披露したのですが、顔がほとんど見えず、これも奇祭のうちなのでしょうか? あまりに大勢の人が周りを囲んでいる上、待ち時間が長かったのでうちの子たちは退屈し、傍らにたつ花傘の下へ。この中に入ると、その年の厄除けになるそうです。

b0067283_16423611.jpgまた、(←)やすらい人形(300円)を買って、住所や名前を書き、願い事をしながら花傘を一周すると、叶うらしい。(↓)向かって両側には、等身大の子鬼の人形が立っていて、ますます不思議な作法でした。
b0067283_1643565.jpg
派手なお祭りではありませんが、家族の健康をしっかり祈願。これは京都の春のさきがけとなる祭りで、この日が好天だと、その年の京の祭りは晴れるそう。今日はぽかぽか陽気の春らしいお天気。きっと、これからのお祭りもいい天気に恵まれることでしょう♪
[PR]
by micho7 | 2013-04-14 22:42 | 京都
2012年 10月 23日
鞍馬の火祭、1000年以上の歴史ある京都の奇祭
b0067283_11172924.jpg
b0067283_11232647.jpg毎年10月22日、時代祭と同じ日に行われるのが「鞍馬の火祭」。山腹にある由岐神社(ゆきじんじゃ)の祭礼です。平安時代の940年、戦乱や大地震が続く中、平安を願うため、朱雀天皇が宮中にあった神社を北の守護神として遷しました。その際、かがり火を焚いて迎えたのが由来だそう。薄暗くなってきた午後6時頃、家の前に飾られていた大小500本の松明に次々と火が灯ります。

b0067283_1122375.jpg大松明は長さ4m、重さ100kgあり、裸の男性たちが火の粉をまき散らしながら山門に向かう様子は実に勇壮です。ものすごい人でこれ以上近づけませんでしたが、天を焦がすような燃え盛る炎は幻想的でした。これは数年前に訪れた時の写真。去年は通行止めを知らず、車で行って引き返しましが、今年は息子と夫が見に行きました。さらに人が増え、立ち止まっての観覧はできなくなっていたようです。
[PR]
by micho7 | 2012-10-23 23:15 | 京都
2012年 03月 03日
桃の節句は、市比賣神社のひいなまつり
b0067283_7275462.jpg今年の「桃の節句」は春の陽気でしたね。京都市下京区の市比賣(いちひめ)神社で行われた「ひいなまつり」を見に行きました。女人厄除や女人守護で有名な神社で、社務所のお座敷にはひな飾りが並べられ、一体ずつ指さしながら、1歳4ヶ月の娘に伝えます。家のはお内裏様とお雛様だけなので…。
b0067283_7322127.jpg祭りのハイライトは、実際の人が人形となる「人ひな」です。ひな人形の原型といわれる天児(あまがつ)に息を吹きかける「天児の儀」を行い、ひな壇が完成。五人囃子の雅楽に合わせて三人官女が桃の枝を持ち、「官女の舞」を披露しました。

b0067283_734175.jpgb0067283_7463234.jpgてっきり神社で行われると思って待っていたら、近くのひと・まち交流館でした。途中で知って午後3時ギリギリに着くと、入りきれない観客。幸い、親子席という小さいブースがあり、そこから見学しました。参加料1000円でお接待もありますので、早く行った方がよいです。境内には、京都七名水の一つ、「天之真名井(あめのまない)」もありました。
[PR]
by micho7 | 2012-03-03 22:26 | 京都
2011年 10月 23日
時代祭、雨で順延なんのその♪
b0067283_2054494.jpg
b0067283_1745595.jpg京都三大祭の一つ、時代祭が雨で順延され、一日遅れで開催されました。遷都1100年を記念して平安神宮が創建された1894年に始まりました。当時、明治維新で東京に遷都され、衰退した京都を復興させるために考案された、いわば町おこしイベントなのです。今や総勢2000人。明治維新から平安時代まで時代を遡りながら、2kmに渡ってパレードします。これぞ、時代絵巻の実写版!(↓)清少納言と紫式部は艶やかです。

b0067283_21565562.jpg(→)昨年の大河ドラマで国民的な人気になった坂本龍馬さんがやってくると、「りょうまさ~ん♪」と息子が叫びました。すると、ちらりと目をやり、にやっと照れ笑い。別の列には、「お兄さ~ん、お疲れ様~」と声をかけると、なんと息子に駆け寄ってくれ、飛び入りで記念撮影。観客席を沸かせていました。
[PR]
by micho7 | 2011-10-23 20:55 | 京都
2011年 04月 04日
播州北条節句祭り、屋台に「がんばろう!日本」
b0067283_16354565.jpg「播磨路に春を呼ぶ」といわれる播州北条節句祭りが、加西市で開かれました。北播磨地域ではおなじみの布団屋台が13台登場し、男衆の勇ましいかけ声とともに、細い通りを練り歩いていきました。例年だと桜と屋台のコラボが見られるそうですが、今年の開花は遅れ気味。「がんばろう!日本」と書いた垂れ幕を掲げる屋台もありました。熱気は東北に届いたかな?

b0067283_13531477.jpg

[PR]
by micho7 | 2011-04-04 22:01 | 兵庫
2010年 10月 12日
祭りシーズン到来! 佐保神社秋祭り
b0067283_16244074.jpg
週末は、北播磨三大祭りの一つ、加東市の佐保神社で秋祭りがありました。
新町、上中、上組、下組の4地区から4台の屋台が次々と神社に宮入。
特徴は、屋根の部分に反り返った大座布団を重ねていること。「布団屋台」と呼ばれます。
布団の色が違うので4台並ぶとカラフルで、鯱、鷹、龍などの大飾りが輝いて豪華でした。
ハイライトは4台が一斉に行う練り合わせ。太鼓に合わせて威勢のいいお囃子が始まります。
ぶつけ合うことはないのですが、男性たちの必死の様子に息を飲んで見入り、
最後に、「サッシィノセ~ッ」と屋台を突き上げると、盛大な拍手が巻き起こりました。
秋はやっぱりお祭りですよね。見ている私も血が騒ぎます。
奈良では雅楽、播磨では太鼓と連日刺激されているお腹の赤ちゃんでした。(笑)
[PR]
by micho7 | 2010-10-12 16:25 | 兵庫
2010年 05月 30日
相生ペーロン祭、播州に初夏を告げる水しぶき
b0067283_10174030.jpg相生市(あいおいし)の相生湾で、恒例の「ペーロン競漕」が開催されました。龍をかたどった細長い船に32人が乗り込み、ドラと太鼓の音に合わせて力いっぱいオールをこぎます。その度に上がる水しぶきは気持ちよさそうで、今日の暑さを忘れさせるほど勇壮でした。
b0067283_10141162.jpgペーロンと言えば、長崎が有名ですが、大正11年、長崎出身の造船所従業員が故郷をしのんで始めたのがきっかけです。それが今や、相生市の名物行事に!

b0067283_10223428.jpg朝9:00から始まっていますが、私が会場に着いたのは午後1時半。最前列で三脚を構えるカメラマンにギョッとしましたが、レースも撮影スペースも結構あります。人気撮影スポットは折り返し地点のカーブでしたよ!
[PR]
by micho7 | 2010-05-30 23:08 | 兵庫



ようこそ、「KOTOコレ」へ♪ 京都市で2人の子供を育てながら、世界遺産を巡っています。訪問数は400カ所以上。日本イコモス国内委員会会員です。ブログは11年目。今年も頑張りま~す。
by micho7
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
インフォメーション
<自己紹介>
micho7こと久保美智代
愛媛出身のアナウンサー
愛媛朝日テレビに入社
「ニュースステーション」の桜中継でデビュー♪
2003年9月から奈良在住
2007年9月から兵庫在住
2011年5月から京都在住
詳しいプロフィール

活動歴&お問い合わせ

<趣味>
世界遺産の旅&お寺巡り
世界遺産検定「シルバー」

<WEB>

300ヵ所以上の世界遺産をオリジナル写真で紹介


旅の詳細をブログで報告

Mamaアナの子育て日記
出産前後20ヵ月の記録

<活動>
朝日旅行・大阪支店
月1回の定期講座「世界遺産をもっと楽しもう!」
随時、受講生募集中

神戸新聞文化センター
「世界遺産の歩き方」
三宮KCCでも講座を開催

<連載>
美智代の古都便り
全50回の古都リポート
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
more...
記事ランキング
カテゴリ
はじめに&自己紹介
奈良
京都
兵庫
大阪
滋賀
和歌山
三重
岡山
広島
徳島
愛媛(故郷)
日本(それ以外)
小笠原諸島
知床(北海道)
白神山地(青森/秋田)
平泉(岩手)
白川郷・五箇山(岐阜/富山)
熊野古道(奈良/和歌山)
姫路城(兵庫)
石見銀山(島根)
富士山(静岡/山梨)
富岡製糸場(群馬)
長崎の産業遺産&教会群
五鬼物語
山辺の道
四国八十八ヵ所巡礼
西国三十三ヶ所巡礼
桜2013
桜2012
桜2011
桜2009
桜2008
桜2007
桜2006
桜2005
紅葉2011
紅葉2008
紅葉2007
紅葉2005
紅葉2004
お水取り
なら燈花会
東山・花灯路
嵐山・花灯路
イルミネーション
活動
世界遺産紀行
番外編
イクメン日記
タグ
(96)
(93)
(72)
(57)
(57)
(41)
(38)
(37)
(32)
(31)
(31)
(30)
(29)
(29)
(29)
(28)
(26)
(23)
(23)
(21)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
↓私の寄稿(p22)
↓私の寄稿(p67~)
↓私の寄稿(p98~)
↓私の旅が掲載P63
フォロー中のブログ
水族館ふりーく
海のまさやんの部屋
日々。生きる現代文学
長生きも芸のうち日記
KOBECCO
自己証明~私はここにいるよ~
陶芸ブログ ぶらり
大和の国から…
Enjoy Vancou...
hamai フォトスタジオ
自然な写真
テキトー日記
ものろーぐ Photo
ファンキーモンキーな旅人...
「古都」大津 湖国から
MTBと写真のblog
花のように・・・。
裏のお山で雪とたわむる ...
そらいろ日記。
新世界遺産への道~レトロ...
喜楽喜楽(きらきら)家族
sylphid
あやのとっておきスウィー...
こぼれ花
おしかちゃん
仏像工房せいかつ
タッドの気まぐれフォト
アメリカでの生活 - B...
日々是幸福
散水館
http://ポンデ...
立呑屋
福井頑張ろっさ
いっちょかみ!写真館
ファイト~
まほろばの国から(写真館)
金沢発ときめき浪漫
風景と花の写真-2
旅の記憶~関西・奈良メモ
the Sky over...
くつきの森を応援しよう 
luckyの一期一会
住職敬白
須賀人のちょっといい話!
花遍路
心のままに 感じるままに2
京都写真(Kyoto P...
MI-CHIN'S BLOG
朱雀の夢ものがたり
イーハトーブの新米百姓。
あすかびより
たぬ代とだんなのブログ
Pilgrim 東西南北...
日刊エキブロ新聞
~風吹くままに 心のままに~
東京の今
美智代の世界遺産紀行 ~...
PUIの日常
B-notes
Tolliano Riv...
めし ときどき おやつ
Cecile Story
空と海の物語~from奄...
安曇野カンポンLIFE 
うさぎの気まぐれ日記
京都グルメタクシー おい...
Coo Planning...
久米さんの科学映像便り
MASAのあれこれ
RGB256
管理人ブログ2*Life...
和む由もがな
「大門玉手箱…の箱」
LOVE IS ALL,...
留学エージェント【コネク...
Amici Vini I...
外部リンク
その他のジャンル
最新の記事
世界遺産写真展、島根県大田市..
at 2017-12-31 19:12
第4回世界遺産サミットが石見..
at 2017-11-09 18:12
世界遺産写真展、島根県大田市..
at 2017-09-08 10:00
ふるさと納税㉑ 抹茶と茶碗等..
at 2017-09-01 10:36
夏休みは、建国150周年のカ..
at 2017-08-15 13:04
ブログジャンル
画像一覧